>  >  >  >  > 

【原村・富士見高原】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年6月25日

この記事をシェアしよう!

【原村・富士見高原】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

セロリやレタスなどの高原野菜をはぐくむ高原には、穏やかな別荘地が点在する。夏は涼しく湿度が低いため、避暑地としても人気。

八ヶ岳美術館

緑の木々に囲まれた高原の美術館
原村出身で戦後日本の彫刻界をリードした清水多嘉示の彫刻と絵画を展示。津金隺仙の書、縄文土器などの考古資料も展示し、様々な企画展を開催する。建物は村野藤吾設計。

八ヶ岳美術館

彫刻と調和した優美な館内

富士見高原 花の里

標高1250mの高原リゾート
3つのエリアに分かれた園内で、百日草・サルビア・宿根草など季節ごとの花々や日本3大高峰の大パノラマを楽しめる。標高1420mの雲上まで登れる、天空の遊覧カートも評判だ。

富士見高原 花の里

ゆるやかな斜面に鮮やかな花々が咲き誇る

入笠山

山頂付近の湿原は高山植物の宝庫
富士見町と伊那市の境界にある標高1955mの山。さまざまな高山植物が見られる。標高1780mまで富士見パノラマリゾートのゴンドラで上がり、山頂までは徒歩で約1時間。

入笠山

山頂からは八ヶ岳など360度の大パノラマが広がる

富士見パノラマリゾート

標高1800mの天空の花園
八ヶ岳連峰のパノラマを望めるマウンテンリゾート。夏はトレッキングやマウンテンバイク、冬はスキーやスノーボードと一年中楽しめる施設。

富士見パノラマリゾート

お手軽に眺望とお花を楽しめる入笠すずらん山野草公園

井戸尻考古館・富士見町歴史民俗資料館

縄文時代の生活スタイルを再現
考古館では国指定重要文化財の藤内遺跡出土品などを、富士見町歴史民俗資料館では弥生時代から現代までの農耕具などを展示。

井戸尻考古館・富士見町歴史民俗資料館

貴重な出土品を見学しよう

そば処 おっこと亭

力強い郷土の味を召し上がれ!
乙事産の香り高いそばを使用。隣接のふるさと体験館ではそば打ち体験ができる(要予約)。

そば処 おっこと亭

名物のきりだめそばは2人前以上で1780円~

田舎そば 三井

縁側で味わう手打ちそば
そば栽培農家の縁側で、自家製手打ちそばが食べられる。個人宅の居間での営業なので予約優先。自家製の漬物がうれしい。

田舎そば 三井

メニューはもりそば1050円のみ

1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください