>  >  >  >  淡路島【南あわじ市】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

淡路島【南あわじ市】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

うずの丘 大鳴門橋記念館

うず潮のメカニズムが学べる複合施設
大鳴門橋や鳴門海峡を見渡せる高台に建つ。うず潮のメカニズムを学べる「うずしお科学館」のほか、レストランやショップもあり、ランチや買い物も楽しめる。【福良】

0799-52-2888

うずの丘 大鳴門橋記念館

迫力ある映像とともにうず潮の神秘と不思議を体感

うずの丘 大鳴門橋記念館

住所
兵庫県南あわじ市福良丙936-3
交通
洲本高速バスセンターから淡路交通福良行きバスで30分、淡路島南IC下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
火曜、祝日の場合は営業(1月1日休)
料金
うずしお科学館入館料=大人500円、中・高校生200円、小学生100円/島いちじくのサブレ=648円/淡路島たまねぎかりんと。=432円/玉ねぎドレッシング(和風オニオン、洋風オニオン)=540円/たまねぎキャッチャー(1回)=100円/(うずしお科学館は身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳持参で本人とその同伴者1名半額)

鶴来窯

幻の古伊賀は素朴でエネルギッシュ
安土桃山時代に24年間だけ存在した「古伊賀」の再生に取り組む。薪窯焼成による一点もののなかからお気に入りを探してみよう。【志知】

090-7110-6987(要問い合わせ)

鶴来窯

湯のみ3000円〜、一輪挿し4000円〜

鶴来窯

住所
兵庫県南あわじ市志知中島626
交通
JR神戸線舞子駅から淡路交通福良行きバスで48分、陸の港西淡でらんらんバス中央循環線反時計回りに乗り換えて5分、志知中島下車、徒歩6分
営業期間
7~翌5月
営業時間
10:00~17:30(作業が早く終わる場合あり、見学等は要電話確認)
休業日
期間中不定休(1月1~3日休)
料金
湯のみ=3000円~/一輪挿し=4000円~/コーヒーカップ=3500円~/オーレボール=3000円~/陶芸教室(見学など、要予約)=5000円/

とんかつママン

レトロ空間で絶品トンカツに感動
南あわじ市の特産淡路島ポーク(黒豚とイノシシの混血種)のトンカツが味わえる。さらっとした風味の脂身は驚きのうまさ。【福良】

0799-52-0020

とんかつママン

黒豚ロースカツ定食1900円

とんかつママン

住所
兵庫県南あわじ市福良甲1529-4
交通
洲本高速バスセンターから淡路交通福良行きバスで48分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:15~14:30(閉店15:00)、17:30~19:30(閉店20:00)、金~日曜は8:15~19:30(閉店20:00)
休業日
第3水曜(1月1日休)
料金
特上ロースカツ定食=1700円/ロース味噌カツ定食=1260円/黒豚ロースカツ定食=1900円/チキンカツもも定食=1270円/ねぎカツ丼=900円/淡路島ポーク生ハム=1000円/ 平均予算(昼):1200円, 平均予算(夜):1500円

楓勇吉商店

昔ながらの素麺作りを体験
今でも昔ながらの技法で素麺を作る。2本の棒を使って麺を伸ばしていく「門干し」という工程が体験(要予約)できる。【福良】

0799-52-0238

楓勇吉商店

手延べ素麺の特徴である門干し

楓勇吉商店

住所
兵庫県南あわじ市福良乙934-6
交通
洲本高速バスセンターから淡路交通福良行きバスで48分、終点下車、徒歩9分
営業期間
10~翌3月
営業時間
9:00~17:00(閉店)、体験受付は10:00~12:00(前日までに要予約)
休業日
期間中不定休(体験は12月30日~翌1月5日休)
料金
体験料(そうめん料理+おみやげ付、要予約)=3000円/

味処とっくり

新鮮な地魚をダイナミックに
コリコリの刺身や奥深い味の煮魚など、とにかく新鮮な地魚が味わえる人気店。地元の漁師が通う庶民的な店で素朴な味が楽しめる。【福良】

0799-52-1388

味処とっくり

鮮度抜群の造り盛り合わせ1620円~

味処とっくり

住所
兵庫県南あわじ市福良甲512-91
交通
洲本高速バスセンターから淡路交通福良行きバスで48分、終点下車、徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
17:00~23:00(閉店)
休業日
火曜(8月14~16日休、12月31日~翌1月4日休)
料金
造り盛り合わせ=1620円~/一品料理=450円~/ビール=700円(大)/日本酒=500円(1合)/ 平均予算(夜):3500円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  > 
×