「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【伊勢神宮】参拝前に知っておきたい基本情報

【伊勢神宮】参拝前に知っておきたい基本情報

【伊勢神宮】参拝前に知っておきたい基本情報

by mapple

更新日:2018年3月21日

年間800万人が訪れる伊勢神宮。江戸時代に信仰が広がり「人生一度は伊勢まいり」といわれ人々の崇敬を集めてきた。古くから現在まで続く人々の憧れ「お伊勢さん」のいまさら聞けないあれこれをご紹介。

Q1 伊勢神宮ってどんなところ?

A 日本人の大御祖神である天照大御神を祀る神社。約2000年の歴史をもち、全国の神社の本宗として仰がれている聖地でもある。内宮や外宮をはじめとする125社が所属する。正式名称は「神宮」。

Q1 伊勢神宮ってどんなところ?
by fotolia - ©mtaira

内宮の入り口、宇治橋大鳥居

キホンにプラス!

別宮って?
内宮・外宮の正宮の「わけみや」のこと。正宮に続いて尊い宮とされ、全部で14宮ある。内宮・外宮の宮域内や伊勢市内の少し離れた域内などにある。

Q2 どうして伊勢にあるの?

A 『日本書紀』によると、第11代垂仁天皇の御代に永遠の地を探し、天照大御神が皇女倭姫命とともに諸国をめぐり、最後に伊勢にたどり着いた。「常世の波が押し寄せる美しい国。この国にいることにしよう」との天照大御神の言葉のとおりに、五十鈴川の川上に鎮座されたことが内宮の起源とされている。

Q2 どうして伊勢にあるの?
by fotolia - ©oben901

天照大御神の荒御魂を祀る内宮・荒祭宮

Q3 季節によって見どころはどう変わるの?

A 樹齢100年を超す大木があるなど、伊勢神宮は自然も見どころのひとつ。特に3月下旬から4月上旬にかけての宇治橋周辺の桜は見事。1月下旬〜2月上旬にかけて内宮・子安神社周辺で寒桜も咲く。冬の雪景色もおすすめだ。

Q3 季節によって見どころはどう変わるの?

5月上旬〜6月下旬には外宮・まが玉池の花菖蒲が見頃

キホンにプラス!

宇治橋の日の出
11月下旬〜1月下旬にかけて、内宮宇治橋の大鳥居から日の出を望むことができる。

Q4 年間1500回以上ものお祭りがあるってホント?

A 毎日2回、神様へのお供えを準備する日別朝夕大御饌祭など多くの祭りが行なわれている。なかでも豊穣を感謝する10月の神嘗祭、6月・12月の月次祭は重要な祭りで「三節祭」と呼ばれる。

神宮の御神徳を宣揚する神楽祭

春と秋に行われる神楽祭では、内宮神苑に設けられる特設舞台で雅楽や舞楽が一般公開される(雨天の場合は参集殿の能舞台での公開)。

神宮の御神徳を宣揚する神楽祭

舞台を祓い清める舞楽「振鉾(えんぶ)」

Q5 20年に1度の式年遷宮って何?

A 20年に1度、社殿を建て替え、神様を新たな宮にお遷り願う神宮最大の祭りで1300年以上の歴史がある。信仰や伝統、技術を次世代に受け継ぎ、変わらぬ姿を維持することにより常若の精神を伝えている。

Q5 20年に1度の式年遷宮って何?

せんぐう館では式年遷宮について詳しく学べる
※休館中。再開時期未定

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる伊勢志摩’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×