>  >  >  >  >  初めてのカメラ旅なら! 絶景&インスタ映えな「小豆島」をめぐる1泊2日プラン

初めてのカメラ旅なら! 絶景&インスタ映えな「小豆島」をめぐる1泊2日プラン

初めてのカメラ旅なら! 絶景&インスタ映えな「小豆島」をめぐる1泊2日プラン

ゴールデンウィーク前にカメラを新調し、「カメラ旅」を考えていた人も多いのではないでしょうか。ステイホーム明けの「初めてのカメラ旅」としておすすめしたい旅行先は、瀬戸内海に浮かぶ離島「小豆島」です。小豆島には絶景スポットをはじめ、アートや絶品グルメなど、カメラに収めたい魅力がたくさん!

今回は撮影スポットや撮影モードなどのアドバイスを交えながら、1泊2日の小豆島カメラ旅にご案内します。

※香川県は5月14日に政府による緊急事態宣言から解除されました。取扱商品および営業状況などは時期によって変わることがあります。随時公式ページをご確認ください。

目次

  • 瀬戸内の離島「小豆島」は旅情・魅力がいっぱい
  • 【前日夜】ジャンボフェリーで小豆島へ! 見逃せない船旅の絶景
  • 【1日目午前】お洒落なスポットがたくさん! インスタ映えな小豆島町を巡ろう
  • 【1日目午後】三都半島を爽快ドライブ! 絶景・ユニークアートと豊富な見どころ
  • 【2日目午前】小豆島ならでは! 土庄町の絶景巡り・名物讃岐うどんも
  • 【2日目午後】海だけじゃない! 山や渓谷も豊かな小豆島。大展望を満喫
  • カメラ好きにはたまらない! 何度も訪れたくなる小豆島の魅力

瀬戸内の離島「小豆島」は旅情・魅力がいっぱい

瀬戸内の離島「小豆島」は旅情・魅力がいっぱい
隣の豊島・壇山展望台から見た小豆島。起伏に富み迫力抜群!

瀬戸内海にはたくさんの離島がありますが、淡路島についで大きいのが小豆島。干潮時に海の中から現れる砂道「エンジェルロード」をはじめとし、醤油やオリーブといった特産物、特産物を生かしたグルメもたくさんあります。

近年では瀬戸内国際芸術祭の主要会場の一つとして脚光を浴び、『からかい上手の高木さん』『うどん県の金色毛鞠』など、アニメの聖地としても密かに話題を呼んでいます。

【前日夜】ジャンボフェリーで小豆島へ! 見逃せない船旅の絶景

小豆島には5つの港があり、各地から多くの船が就航しています。新幹線で新神戸駅まで出れば神戸港まで簡単にアクセスでき、神戸港からは小豆島の坂手港まで「ジャンボフェリー」で移動できます。今回は神戸港から深夜便に乗り込み、1泊2日で効率よく満喫するコースを選びました。

旅をともにするカメラは初心者向けの中核機、Canon8000D。9000DやKissシリーズ、90Dなどもおすすめです。

神戸港から出発!

神戸港から出発!
神戸大橋の夜景は必見!

神戸港から小豆島への深夜便は1便のみ。25時に神戸港を出発し、高松港を経由。翌朝7時15分に小豆島到着です。港で船を待つ時間には、フェリーターミナルの屋上に上がって神戸港を眺めましょう。

カメラは夜景モード、もしくはSCN(シーンモード)を使い、神戸大橋の明かりが美しく水面に映り込む夜の風景を撮ってみてください。

■神戸港
住所:兵庫県神戸市中央区新港町3-7 (ジャンボフェリー)
TEL:078-327-3322
営業期間・営業時間:上り・下り出発25時 到着5時15分
休業日:なし
交通アクセス:三宮駅から神戸新交通ポートライナーで中埠頭駅まで15分。その後徒歩約20分。
深夜フェリー料金: 往復割引あり。燃油サーチャージは時期によって異なる
普通乗用車(1名) 片道7,990円+310円 (燃油サーチャージ)
1名(徒歩乗車) 片道2,490円

フォトジェニックな明石海峡大橋と日の出

フォトジェニックな明石海峡大橋と日の出
明石海峡大橋の夜景! 運が良ければ満月とのコラボレーションも

神戸港を出港後は、明石海峡大橋の下を船が通過する瞬間もシャッターチャンス!

夜景モードは手ぶれが抑えられるように設定されているので、初心者の方でも素晴らしい一枚が撮れることでしょう。撮影回数を「連写」に設定しておくと、ベストタイミングが狙いやすいので試してみてください!

瀬戸内海から眺める日の出の瞬間。旅への期待が高まります

船で一泊したらぜひ早起きを。瀬戸内海の島々の間から太陽が昇る瞬間は、まさに心洗われるひとときです。視界を遮るものがない場所からの日の出は必見ですよ!

ここでは「風景モード」もしくはSCN、できればマニュアル撮影で試してみてください。「F値(絞り)」は一番低い値に設定し、ベストな明るさになるようにシャッタースピードを調整しましょう。

明石海峡大橋

住所
兵庫県神戸市垂水区東舞子町
交通
JR神戸線舞子駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
24時間
休業日
情報なし
料金
通行料(垂水IC~淡路IC、普通車、片道)=2370円/

【1日目午前】お洒落なスポットがたくさん! インスタ映えな小豆島町を巡ろう

『オリーブのリーゼント』

『オリーブのリーゼント』
小豆島のアイドル的存在!? 『オリーブのリーゼント』

散策のはじめは小豆島アートの代表的な存在、『オリーブのリーゼント 』から。

醤(ひしお)の郷・小豆島町の香り豊かな醤油蔵を抜けると、オリーブが植えられた広場が現れ、そこに突如としてオリーブの実にリーゼントが付いたモニュメントが現れます。

周囲の緑と相まって、なんとも癒される風景……! どう切り取っても絵になるので、画角選びを楽しみましょう! 近くの民家で貸し出しているリーゼントのかぶり物をかぶって記念撮影をすれば、小豆島ならではの楽しい写真が撮れること間違いなし。サングラスがあれば、より一層インスタ映えな写真が撮影可能です。

■オリーブのリーゼント
住所:香川県小豆郡小豆島町馬木甲255
営業期間・営業時間:通年
休業日:なし
交通アクセス:坂手港から車で10分
作者:清水久和

ジェラート屋 「MINORI GELATO」

ジェラート屋 「MINORI GELATO」
小豆島の味覚をジェラートで堪能!

次は小豆島の絶品ジェラート屋さん、「MINORI GELATO(ミノリ ジェラート)」へ移動します。

小豆島はオリーブや醤油の他、フルーツの栽培も盛ん。オススメは定番のミルク味と、瀬戸内名産の柑橘フレーバーです。3種盛りでフレーバーの色に変化をつければ、見た目もかわいいジェラートのでき上がり! 海を眺めながらいただきましょう。

MINORI GELATOではお取り寄せにも対応しており、期間限定セットもあります。ご自宅でも小豆島の味がいただけるとは嬉しいですね!

MINORI GELATO

住所
香川県小豆島町草壁本町1055-2
交通
土庄港から小豆島オリーブバス坂手港行きで40分、草壁港下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00
休業日
水・木曜日
料金
ジェラート=430円(2種盛り)・500円(3種盛り)/パニーノ=550円/コーヒー=350円/ 平均予算(昼):500円, 平均予算(夜):500円

小豆島オリーブ公園

小豆島オリーブ公園
風車バックに箒にまたがって「キキごっこ」をしてみよう!

最後に必ず立ち寄りたいのが「小豆島オリーブ公園」。なんと、この場所はかつて実写版映画『魔女の宅急便』のロケ地として使われた場所 ! ギリシャ風車やオリーブの木が異国情緒をかもしだしています。

その風景を背景に、主人公「キキ」のような写真を撮るのが大人気。公園内のオリーブ記念館でほうきを無料でレンタルすることができますので、ぜひチャレンジしてみてください!

カメラは撮影回数を「連続」に設定し、タイミング合わせて飛んでインスタ映えの写真を撮りましょう! 三脚でカメラをセットして撮影するのがベストですが、初心者の方には少しハードルが高いため、周囲にいる人に撮影を頼むと良いでしょう。

なお、ここは大変な人気スポットのため、譲り合って撮影するように心掛けてください。

道の駅 小豆島オリーブ公園

住所
香川県小豆島町西村甲1941-1
交通
土庄港から国道436号を草壁港方面へ車で約11km
営業期間
通年
営業時間
カフェは11:00~15:30(閉店16:00)、テイクアウトは10:00~17:00、ハーブショップは9:00~17:00、オリーブ記念館は8:30~17:00、レストランは10:00~14:30(閉店15:00)、17:00~20:30(閉店21:00)、入浴施設は12:00~21:00(閉店21:45)
休業日
無休、レストランと温泉施設は水曜
料金
入浴料=大人700円、小人400円/小豆島産オリーブオイル=4000円(200ml)/オリーブチョコクランチ=540円/ひしお丼=950円/チリンドロンライス=1300円/(高齢者は入浴料1割引、障がい者も割引あり)

【1日目午後】三都半島を爽快ドライブ! 絶景・ユニークアートと豊富な見どころ

午後は島南部の「三都(みと)半島」へ。メジャーなエリアではないものの、近年ではアート作品が数多く設置され、少しずつ脚光を浴びています。

『潮耳荘』

『潮耳荘』
アート作品『潮耳荘』は三都半島にある秘密基地!?

三都半島には数多くの見どころがありますが、まずは代表作品である『潮耳荘(しおみみそう)』から巡ります。
流木を集めて作った隠れ家的な外観にはホルンのような管が! 中に入って管に耳を近づけてみると、波の音が聞こえてくるように工夫されているのです。静かな島ならではの、風情ある仕掛けです。

■『潮耳荘』
住所:香川県小豆郡小豆島町神浦687
営業期間・営業時間:通年
休業日:なし
交通アクセス:池田港・草壁港から車で約20分
作者:伊東敏光、康夏奈、広島市立大学芸術学部有志

『花寿波島の秘密』

『花寿波島の秘密』
ドーナツ型のモニュメント。階段で上にあがれます

また「道の駅 小豆島ふるさと村」の中に置かれている『花寿波島(はなすわじま)の秘密』も必見です。ドーナツ型のモニュメントで、まるで海の中にいるかのような感覚が味わえる不思議なアート作品。
三都半島から東に位置する小島から着想を得たインスタレーションは、鮮やかな青のグラデーションが美しい海底の世界です。

モニュメントに設置された階段を上ったところから撮影しましょう! 建物内は暗いため、マニュアル撮影は難しいかもしれません。オートで撮影する事をオススメします。

■『花寿波島の秘密』
住所:香川県小豆郡小豆島町室生2084-1
TEL:0879-75-2266 (小豆島ふるさと村)
営業期間・営業時間:通年、8時半~17時30分
休業日:なし
交通アクセス:池田港から車で約6分、草壁港から車で10分
作者:康夏奈

釈迦ヶ鼻園地

釈迦ヶ鼻園地
小豆島最南端には知る人ぞ知る美しいリゾートビーチが!

ラストは半島先端の「釈迦ヶ鼻園地(しゃかがはなえんち)」へ行きましょう。透き通った海と美しい砂浜が続く、知る人ぞ知る美しいスポットです。ゆっくりとうち寄せる波や沖合に浮かぶ漁船、園内にある灯台が、穏やかな瀬戸内海を演出してくれます。

浜辺を歩きながら澄んだ海やきれいな浜辺の撮影を楽しむもよし。
堤防の上から一望できる光景を撮影するもよし。
人もほとんどおらず、プライベートビーチ感覚を満喫できるのが嬉しいですね。

小豆島西部の土庄町(とのしょうちょう)へ向かい、宿にチェックインしたら1日目は終了です。土庄町はホテルや飲食店が多いので、夜も散策してみてください。

■釈迦ヶ鼻園地
住所:香川県小豆郡小豆島町蒲野
営業期間・営業時間:通年
休業日:なし
交通アクセス:池田港・草壁港から車で約20~30分

【2日目午前】小豆島ならでは! 土庄町の絶景巡り・名物讃岐うどんも

2日目の朝は早起きをし、人気スポットを巡ります。

エンジェルロード

エンジェルロード
恋人と手をつないで渡りたい「エンジェルロード」 干潮時間は要チェック!

2日目は小豆島の名所、「エンジェルロード」からスタートしましょう。
エンジェルロードは「トンボロ現象」と呼ばれ、干潮時に海に道ができる現象です。国内では十数カ所ほどでしか見ることができないと言われています。

大変珍しく、ロマンチックな現象から、この場所はいつしか「天使の散歩道」と称されるようになりました。大切な人と手をつないで渡ると願いが叶う「恋人の聖地」として、特に若い旅行者から抜群の人気を誇っています。

とても人気のあるスポットなので、人が少ない早朝に訪れるのがオススメ。土庄町に宿泊した特権を活かし、朝早い時間に出かけてみてください。

なお、潮位によっては早朝に道ができない場合もあるため、あらかじめ潮位表でチェックしてから訪れるとよいですね。小豆島フェリー株式会社のWebサイトに「エンジェルロード潮見表」があり、エンジェルロードを渡ることができる予想時間を知ることができます。

エンジェルロード潮見表 – 小豆島フェリー株式会社

営業期間・営業時間:通年
交通アクセス:土庄港から車で5分、池田港から車で10分

重岩

重岩
山頂に佇む不思議な「重岩」。眼下には美しい瀬戸内海

続いて土庄町の西側、「重岩(かさねいわ)」へ移動します。
小豆島は国内有数の石の名産地で、かつて大阪城の石垣にも使われたほど。起伏が多く、パノラマの景色を楽しめる展望所が多いという特徴があります。

階段を上っていく必要があるので少し体力が必要ですが、せっかくなので上まで登ってみてください。上ること約15分。山頂には見事な巨岩、重岩が鎮座し、眼下には美しい瀬戸内海の絶景が広がります。

撮影時はできるだけ岩から離れて、画角を広くして撮影してみてください。瀬戸内海や空の青を鮮やかに撮るために、彩度を少し上げてみると良いかもしれません。

■重岩
住所:香川県小豆郡土庄町甲
営業期間・営業時間:通年
交通アクセス:土庄港から車で約10分

おおみねのうどん屋さん

おおみねのうどん屋さん
看板メニュー 「オリーブ牛しぐれぶっかけうどん」

体を動かしたらおなかがすくというもの! お昼ごはんには香川名物、「讃岐うどん」をいただきましょう。

土庄港から程近い場所に位置する「おおみねのうどん屋さん」は、島民に愛される名店です。香川県産の小麦「さぬきの夢」を100%使用した、つるつる・モチモチのうどん。定番のぶっかけうどんは暑くなってくるこの時期に欠かせない一品です。

■おおみねのうどん屋さん
住所:香川県小豆郡土庄町甲5164
TEL:0879-62-1147
営業期間・営業時間:通年、木曜日、10時~14時
休業日:水曜日
交通アクセス:土庄港から車で2〜3分、徒歩約5分

【2日目午後】海だけじゃない! 山や渓谷も豊かな小豆島。大展望を満喫

2日目の午後は、町や海から足を伸ばして島の内陸部へ。海のイメージが強い小豆島ですが、実は山や渓谷にも恵まれているのです。
土庄町から県道27号線「小豆島スカイライン」に入れば、渓谷の緑を見下ろしながらの爽快ドライブが楽しめます。

小豆島銚子渓 自然動物園 お猿の国

小豆島銚子渓 自然動物園 お猿の国
写真撮影も楽しい!悠々自適なお猿さんたちに癒されよう

大展望への途中にある「小豆島銚子渓 自然動物園 お猿の国」は絶好の立ち寄りポイント。小豆島には天然記念物のニホンザルが数多く生息し、園内で触れ合うことができるのです。

お猿さんたちの表情を様々な角度から撮影するのはとても楽しいですよ! 春から夏にかけてのこの時期は、すくすくと育っている子猿を見られるのもポイントです。

動物の撮影は風景と違って少し難しいですが、望遠レンズを使ってみるとよいでしょう。

小豆島銚子渓 自然動物園 お猿の国

住所
香川県土庄町肥土山蛙子3387-10
交通
土庄港から国道436号、県道26・27号を銚子渓方面へ車で10km
営業期間
通年
営業時間
8:20~16:30(閉園17:00)
休業日
無休
料金
入園料=大人450円、小人220円/(障がい者手帳持参で半額)

仙多公峰展望台

仙多公峰展望台
小豆島で一番とも呼ばれる「仙多公峰」の絶景!

お猿の国の敷地には、小豆島屈指の展望ポイントも。「仙多公峰(せんたくぼう)」と呼ばれる岩峰の先には、小豆島の渓谷美と瀬戸内海が360度広がる絶景が望めます。

撮影時は画面いっぱいに使い、壮大なスケール感が出るように意識してみてください。大展望を見たときの感動がしっかりと記憶に残る写真になるはずです!

■仙多公峰展望台
住所:香川県小豆郡土庄町見目
TEL:0879-62-0768(自然動物園お猿の国)
営業期間・営業時間:自然動物園 お猿の国に同じ
交通アクセス:自然動物園 お猿の国に同じ
入場料:自然動物園 お猿の国に同じ

寒霞渓

寒霞渓
高度感抜群の「四方指展望台」 貴方ならどう撮る?

お猿の国を後にしたら、車で15分の場所にある小豆島の渓谷、「寒霞渓(かんかけい)」へ向かいましょう。

ロープウェイの近くに位置する第一展望所からの眺めももちろん素晴らしいのですが、今回特にお勧めしたいのは、知る人ぞ知る「四方指展望台(しほうざしてんぼうだい)」です。寒霞渓スカイラインで、すぐそばまで車で行くことができますが、表示がわかりにくいので見逃さないようにしてくださいね。

コンクリートの高台の先にダイナミックな島の渓谷美が広がり、その光景は圧巻! 高度感抜群な風景をバックにポートレートで写真を撮影すれば、フォトジェニックな一枚が撮影できます。 他に人がいることも少ないので、三脚を持参したほうがよいでしょう。

県道29号線で坂手港に戻り、1泊2日の小豆島旅行は終了。 夕方15時15分か17時45分出航のフェリーに乗って帰路につきます。瀬戸内海に沈む夕日をカメラにおさめることもお忘れなく。

四方指展望台

住所
香川県小豆島町神懸嶮岨山乙1117
交通
土庄港から県道26・27号を寒霞渓方面へ車で14km
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

カメラ好きにはたまらない! 何度も訪れたくなる小豆島の魅力

カメラ好きにはたまらない! 何度も訪れたくなる小豆島の魅力
春は粟地ダムの桜並木を。四季折々見どころが豊富な小豆島

これからカメラを購入したいと思っている人、またはカメラをもっているのに使いこなせていないという人は、ぜひ小豆島に足を運んでみてください。様々な撮影モードやマニュアル撮影、画角探しの練習など、旅を楽しみながらカメラを覚えることができ、初めてのカメラ旅には最適です!

今回ご紹介したのは島のほんの一部。いつ行っても小豆島は被写体の宝庫です。カメラ旅はもちろんですが、高性能カメラがなくても四季折々のフォトジェニックなシーンに出会えます。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×