>  >  > 

ガイドブック編集者が本気で選んだ!大阪の観光スポット&おみやげランキングベスト10 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年8月27日

この記事をシェアしよう!

ガイドブック編集者が本気で選んだ!大阪の観光スポット&おみやげランキングベスト10

たこ焼きやお好み焼きといった名物グルメの店が軒を連ね、夜になればド派手なネオンが輝くパワフルな街・大阪。

長年にわたって旅行ガイドブックの編集に携わり、大阪の街を隅から隅まで知り尽くしたまっぷる編集者が本当におすすめできる大阪のスポットをコメントつきでご紹介します。

さらに今回は、お手ごろ価格で購入できる大阪ならではのおみやげ情報も網羅。おみやげに悩んだ際ぜひ参考にしてくださいね。

※各施設の営業状況は、6月9日調査時点の情報を記事中に記載しております。
状況により変更する可能性があるため、随時公式ホームページをご確認ください。

編集者プロフィール

今回ランキングを作成したのは、こちらのまっぷるマガジン編集者。

大阪編集担当Y(男性)
大阪在住歴10年、まっぷる創刊当時から携わるベテラン編集者。大阪エリアで手掛けた商品は数知れず。現在は東京在住だが、大阪出張のたびに家族を喜ばすためおいしい大阪みやげを開拓中。最近では家族のリクエストは定番化しつつある。

 

長年大阪のガイドブックに携わってきただけあり、定番どころからディープスポットまで、あますことなく知り尽くしている編集者Y。

プロの目によるおすすめスポットを、熱意のこもったコメントと共に紹介します!

大阪のおすすめ観光スポットランキング

まっぷる大阪の編集者が本気で選んだ、大阪のおすすめ観光スポットランキング。10位から順に紹介します。

【10位】大阪国際空港 千里川土手からの着陸シーン

【10位】大阪国際空港 千里川土手からの着陸シーン

10位と9位は、個人的な志向でセレクト。

大阪国際空港(伊丹空港)に着陸する飛行機を真下から見る事ができる千里川沿いの土手です。

展望スポットとして整備されているわけではなく、千里川沿いの小道に、自由に入ることができます。

着陸ギリギリの場所なので、超低空で、轟音と強い風を感じながら大迫力で見学できる場所。

飛行機見学でこれ以上の場所は他にはないかなと思えるところです!

  • 住所:大阪府豊中市原田中2丁目付近
  • アクセス:阪急電鉄曽根駅から西へ約1.5km(徒歩で20~25分)

【9位】ねこ浴場・ねこ旅籠

【9位】ねこ浴場・ねこ旅籠

猫ブームもかなり定着してきて、各地に猫カフェなどがありますが、2019年にオープンしたこちらの施設は、猫カフェとは呼ばずに猫浴びを推奨する「ねこ浴場」、さらに、猫を眺めながら泊まれる「ねこ旅籠」なのです

ねこ好きの方もそうでない方も、ぜひ一度は訪れてみていただきたいですね!

心斎橋の東、長堀橋駅に近いところにあります。

  • 住所:大阪府大阪市中央区島之内1丁目14-29
  • 営業時間(ねこ浴場):平日12:00~21:00/土日祝12:00~20:00
  • 料金(ねこ浴場):平日10分200円、土日祝10分250円(ドリンク代別途)
  • アクセス:大阪メトロ長堀橋駅7番出口から徒歩約2分 、大阪メトロ心斎橋駅5番・6番出口から徒歩約9分
【9位】ねこ浴場・ねこ旅籠
【9位】ねこ浴場・ねこ旅籠

【8位】新梅田食道街

グランフロントをはじめ、大型のショッピングビルが林立する大阪駅梅田エリア。

大阪らしさはすでに薄れてしまったなかで、いまだにがんばっている高架下の食堂街です。

お好み焼きの「きじ」は、いまや東京にも進出している店ですが、やっぱりここで食べるのが一番おいしいような気がします。

【7位】天神橋筋商店街・天満天六あたり

【7位】天神橋筋商店街・天満天六あたり

日本一長い商店街で、観光地でもあり、地元の人たちの生活エリアでもあるのが天神橋筋商店街・天満天六あたり

生の大阪を感じることができるところかな、と思います。

安くておいしいお店が多く、肉屋の店先でコロッケをひとつ買って、気になったお店をのぞいてみたり、ヒョウ柄スパッツのおばちゃんとすれ違ってみたり、お店の人との会話をしたり…。

地元の方との触れ合いと観光をセットで楽しめる、魅力的なエリアです。

特に天満~天六あたりは、人通りも多くにぎやか。

商店街からそれて路地裏にはいると、安くておいしい寿司屋が集まっていたり、イマドキのオシャレ立ち飲みがあったりと、なかなか刺激的です!

【7位】天神橋筋商店街・天満天六あたり
写真:123RF

【6位】太陽の塔(万博記念公園)

【6位】太陽の塔(万博記念公園)
写真提供:大阪府

大阪城、通天閣とならぶ大阪のシンボルは、1970年の大阪万博でつくられた「太陽の塔」。

大阪市内からちょっとはずれた千里にあるので、行くのにはひと手間かかりますが、実際に近くでみるとその迫力に圧倒されます。

近年、約半世紀ぶりに内部の公開がはじまり、注目度もアップ。

太陽の塔内部「生命の樹」 <写真提供:大阪府>

自分は、まだ中にはいったことがないのですが、行った人の話では、見ごたえ十分!とのことで、個人的に大阪の行きたい場所ランキングの上位に入っています。

また、太陽の塔がある万博記念公園内の「国立民族学博物館」は、世界中の民族資料が集結。こちらも個人的には超オススメですので、ぜひ一緒に訪れてみてくださいね。

【6位】太陽の塔(万博記念公園)

国立民族学博物館

【コロナによる影響・対策】

万博記念公園

●太陽の塔
8月1日より営業再開
当面の間は、営業時間・入館人数を縮小

詳細は公式HPをご確認ください

国立民族学博物館

6月18日(木)に本館展示再開

展示場開館時間 10:00~15:30(入館は15:00まで)
レストラン営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
ミュージアム・ショップ営業時間 10:00~15:30
一部で利用できないサービスあり

詳細は公式HPをご確認ください

万博記念公園

住所
大阪府吹田市千里万博公園
交通
大阪モノレール万博記念公園駅から徒歩5分

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

国立民族学博物館

住所
大阪府吹田市千里万博公園10-1
交通
大阪モノレール万博記念公園駅から徒歩約15分

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

1 2 3 4

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください