トップ > 東北 > 南東北 > 仙台・松島 > 

この記事の目次

【宮城のおでかけ穴場スポット×自然】鳴子峡<大崎市>

【宮城のおでかけ穴場スポット×自然】鳴子峡<大崎市>

深い峡谷が赤や黄色の紅葉に彩られる

高さ約100mの断崖絶壁が約2.6kmにわたって続く大峡谷で、県内有数の紅葉の名所として人気を集めています。
夏の新緑の美しさも見逃せません。

鳴子峡

住所
宮城県大崎市鳴子温泉尿前地内
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅からタクシーで10分(中山平側入口)
料金
情報なし

【宮城のおでかけ穴場スポット×自然】福浦島<宮城郡松島町>

【宮城のおでかけ穴場スポット×自然】福浦島<宮城郡松島町>

四季折々の草花が観察できる

松島海岸から延びる全長252mの朱塗りの橋を渡って行く小さな無人島。島全体が自然植物公園となっています。
四季折々に草花が咲き、植物観察をしながらの散策が楽しめます。

福浦島

住所
宮城県宮城郡松島町松島福浦島
交通
JR仙石線松島海岸駅から徒歩15分
料金
通行料=大人200円、小人100円/

【宮城のおでかけ穴場スポット×自然】鳳鳴四十八滝<仙台市青葉区>

【宮城のおでかけ穴場スポット×自然】鳳鳴四十八滝<仙台市青葉区>

風光明媚な広瀬川の名瀑

名前の由来は、清冽な水音が鳳凰の鳴き声に似ていることから。大小の滝が折り重なるように流れるさまは迫力満点です!
幅10m、落差25mの水の饗宴を満喫しましょう。

鳳鳴四十八滝

住所
宮城県仙台市青葉区作並棒目木
交通
JR仙山線熊ケ根駅から仙台市営バス作並温泉元湯行きで3分、鳳鳴四十八滝入口下車、徒歩3分
料金
情報なし

【宮城のおでかけ穴場スポット×自然】宮城蔵王<刈田郡蔵王町>

【宮城のおでかけ穴場スポット×自然】宮城蔵王<刈田郡蔵王町>

宮城と山形、両県における主要観光地のひとつ

宮城から山形にかけ山々が連なる蔵王。
広大な高原地は高山植物も多く、山に囲まれた雄大な自然の景観が楽しめます。シンボルであるエメラルドグリーンの火口湖、御釜など、見逃せない名所も多数あり。

宮城蔵王

住所
宮城県刈田郡蔵王町
交通
JR東北新幹線白石蔵王駅からミヤコーバスアクティブリゾーツ宮城蔵王行きで52分、終点下車、タクシーで40分
料金
情報なし

【宮城のおでかけ穴場スポット×美術館】風の沢ミュージアム<栗原市>

【宮城のおでかけ穴場スポット×美術館】風の沢ミュージアム<栗原市>

里山にある現代アートのミュージアム

里山にある美術館で、敷地内にはレンタルギャラリーやショップ&カフェ、里山公園、レジデンスも併設されています。のんびりとアートな1日を過ごしましょう。

<新型コロナウイルス感染対策>
一部イベントの中止・延期あり

風の沢ミュージアム

住所
宮城県栗原市一迫片子沢外の沢11
交通
JR東北新幹線くりこま高原駅からタクシーで25分
料金
入館料700円(20歳未満入館料無料、20名以上で団体割引あり、ギャラリーは無料)

【宮城のおでかけ穴場スポット×美術館】塩竈市杉村惇美術館<塩竈市>

【宮城のおでかけ穴場スポット×美術館】塩竈市杉村惇美術館<塩竈市>

塩竈ゆかりの画家の美術館

塩竈ゆかりの洋画家・杉村惇の油彩画のほか、アトリエの再現、関連資料などを常設展示しています。
建物は市の公民館分室をリノベーションした市指定の有形文化財。アーチ型天井が美しい大講堂も、見どころのひとつとなっています。

<新型コロナウイルス感染対策>
検温の実施

塩竈市杉村惇美術館

住所
宮城県塩竈市本町8-1
交通
JR仙石線本塩釜駅から徒歩10分
料金
入館料=大人200円、高校生100円、中学生以下無料、企画展は別料金/

【宮城のおでかけ穴場スポット×美術館】リアス・アーク美術館<気仙沼市>

【宮城のおでかけ穴場スポット×美術館】リアス・アーク美術館<気仙沼市>

芸術と地域文化の方舟

東北・北海道ゆかりの作家の作品を展示している美術館です。
“食”をキーワードに気仙沼・本吉の民俗や生活文化を紹介する「方舟日記」、津波災害と地域文化に関する「東日本大震災の記録と津波の災害史」を公開しています。

<新型コロナウイルス感染対策>
混雑時に入館制限を行う場合あり

リアス・アーク美術館

住所
宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5
交通
JR大船渡線気仙沼駅からミヤコーバス気仙沼西高行きで20分、リアス・アーク美術館下車すぐ
料金
常設展=大人500円、大学・専門学生400円、高校生300円、小・中学生150円(企画展・特別展は別料金)/(20名以上の団体料金は常設展100円引、小・中学生は50円引、身体障がい者手帳・療育手帳持参で常設展無料、企画展半額、身体障がい者手帳1・2級、療育手帳持参で介護者1名常設展無料、企画展半額)
1 2 3 4 5
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。オールジャンルでお出かけ情報をお届けしますね!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください