コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【高知城】土佐24万石を治めた南海の名城をチェック!

【高知城】土佐24万石を治めた南海の名城をチェック!

by mapple

更新日:2018年12月22日

高知市中心部に位置する広大な高知公園内に建つ。日本で唯一本丸の建築群がすべて現存する城郭で、江戸時代の姿を今に伝える名城。

高知城

全国的にも珍しい古天守を持つ城
土佐24万石の象徴。1601(慶長6)年、土佐へ入国した山内一豊が築城を始め、2年後に入城。1611(慶長16)年、三ノ丸の完成をもって着工以来10年でほぼ全城郭が整った。1727(享保12)年、城下町の大火で追手門を残すほとんどを焼失したものの、25年かけて1753(宝暦3)年に再建。現在も優美な姿を残している。天守などの建造物が重要文化財。

今に残る美しい姿が歴史を語る ぜひ訪れたい高知の名スポット
天守と追手門の両方が残るのは、全国でもわずか3城のみ。さらに高知城では、その両方を1枚の写真に収めることができる

山内一豊 [1545(天文14)~1605(慶長10)年]

父は尾張国守護代の家老。戦で父を失った一豊は、10代前半で流浪の身となる。豊臣秀吉に仕えて武功をあげ、関ヶ原の戦いでは徳川家康を支持。忠義が認められ、土佐一国を与えられた。

城内に立つ山内一豊像

ボランティアガイドが案内してくれるよ!

高知城内の観光案内所にはボランティアガイドが在駐。追手門から天守までのガイドと、天守・懐徳館内のガイドをしてくれる。予約も可能(7日前まで)。

088-820-1165(土佐観光ガイドボランティア協会)
受付は9:00~16:30
無料

高知城の歴史

1601(慶長6)年
一豊が土佐に入国。高知城の建設に着手
1603(慶長8)年
本丸と二ノ丸が完成し、一豊が入城
1727(享保12)年
城下町の大火により、城のほとんどが焼失
1729(享保14)年
再建に着手
1753(宝暦3)年
再建開始から25年目で、ほぼすべての建物を整備
1873(明治6)年
廃城令により、天守などの本丸周辺建造物と追手門を除く城郭建造物を破却
1874(明治7)年
一帯を高知公園として一般に開放
1934(昭和9)年
15の建造物が国宝に指定(のちに重要文化財に改定)
2003(平成15)年
築城400年、再建から250年の節目
2014(平成26)年
四季折々の夜間イベントが評価され「日本三大夜城」に大阪城、高田城とともに選出

天守[重要文化財]

外観は4重、内部は3層6階建ての造り。2重の入母屋造りの屋根の上に2重櫓の望楼が載る。最上階は360度のパノラマビューで、眼下に高知市街を一望する。

Check
夜には天守が美しくライトアップされ、幻想的な姿が浮かび上がる(ライトアップは午後10時まで)。

高さ18.5mの望楼型天守

天守内部には、築城のようすなどを紹介する展示がある

天守からの眺望

擬宝珠高欄
最上階の廻縁に設けた欄干は宝珠形の飾り付き。家康に許可を得て取りつけたもの。

高知城天守のここがスゴイ!

1 創建当時の古い様式
高知城の天守は入母屋造りの屋根の上に望楼をのせた望楼型。これは初期の城に代表される造りで、現在では全国に12城しか残っていない。

2 こだわりの廻縁高欄
天守最上階にある、初代藩主一豊が遠州掛川城を模して造ったといわれる廻縁高欄。これは、当時の四国では高知城のみに見られる極めて珍しいものだった。

3 天守のシャチホコ
青銅製で美しい形をとどめる天守のシャチホコは、1792(寛政4)年7月に起きた大暴風雨で墜落。黒鉄門近くにあった役人の詰所の屋根を貫いたという。

本丸御殿(懐徳館)[重要文化財]

書院造りの典型的な様式で、築城当初は山内一豊夫妻が暮らしたと言われている。天守とつながっている構造は高知城のみで、本丸御殿の遺構としては全国唯一のもの。

NHK大河ドラマ「功名が辻」で一豊の妻役、仲間由紀恵さんの着用衣装を展示

一段高い空間は、藩主専用の座敷「上段ノ間」

ここにも注目!

見事な装飾センス
装飾に凝った一豊。欄間は土佐の黒潮を豪快にあしらった透かし彫り。

敵対策も万全
天守には敵をはばむための石落としと忍び返しが。忍び返しが現存する城は高知城だけ。

追手門[重要文化財]

堂々とした造りの高知城の表門。石垣の上に渡櫓をのせている。門前は枡形状になっていて、3方向から敵を攻撃できる。

詰門[重要文化財]

本丸と二ノ丸をつなぐ。敵が侵入しても、簡単には通り抜けられないよう出入り口が筋違いになっている。2階は家老や中老の詰所として使用された。

黒鉄門[重要文化財]

本丸の防備を固めた門。入母屋造り、本瓦葺きの造りで、鉄板を打ち付けている。

妻の功績も高く評価

一豊がさまざまな苦境を乗り越えた陰に、妻千代の内助の功があったのは有名な話。城内には、一豊のために買った名馬といっしょに立つ千代の像がある。

筆者:mapple

まっぷる高知 四万十 足摺・室戸

発売日:2017年06月23日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる高知 四万十 足摺・室戸」です。掲載した内容は、2016年11月~2017年4月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×