コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【修善寺・中伊豆】緑豊かな山間にある温泉地の見どころ

【修善寺・中伊豆】緑豊かな山間にある温泉地の見どころ

by mapple

更新日:2018年2月24日

桂川沿いの風情豊かな街並みが「伊豆の小京都」と称される、伊豆最古の温泉地がある修善寺や、『伊豆の踊り子』の舞台となった天城。良質な水が育むわさびの名産地としても有名。

修善寺・中伊豆HOT INFO 3

ジビエが味わえるのも山の恵み豊かな中伊豆ならでは

サイクリストにやさしい観光地izu veloではレンタサイクルも受付

河津七滝の大滝への遊歩道が再整備され迫力の景色がより間近に

旅のコツ

おすすめ移動手段 バス・自転車

サイクリストの旅をサポートサイクルラックが設置されている施設やバス、客室に自転車を持ち込める宿も多く、サイクリストの旅をサポート。自前の自転車はもちろんレンタサイクルも存分に活用しよう。東海バスの「天城路フリーパス」は2日間1900円で修善寺から、天城の各スポットや河津駅まで行くことができる便利なチケット。修善寺駅観光案内所、河津駅観光案内所で購入可能。

おすすめのシーズン 秋

修善寺自然公園や河津七滝は、伊豆では数少ない紅葉スポットでもある。11月中旬〜12月上旬には「修善寺もみじまつり」が開催される。天城の月ヶ瀬では毎年2月下旬〜3月に「伊豆月ヶ瀬梅林梅まつり」が行われ、高台からは天城連山と梅の花の絨毯を見ることができる。

観光案内所はここ

修善寺駅構内に伊豆市観光案内所があり、伊豆半島全域の情報がそろう。ほかにも「道の駅 天城越え」にも観光パンフレットがそろっているので、ドライブ中の休憩ついでに立ち寄ってみては。

●伊豆市観光案内所
0558-99-9501
19:00〜17:15

問合せ先

●伊豆市観光協会修善寺支部 0558-72-2501
●伊豆市観光協会天城支部 0558-85-1056
●河津町観光協会 0558-32-0290

修善寺

開湯1200年を超える歴史ある温泉地。修禅寺や独鈷の湯、竹林の小径など、見どころは修善寺温泉街に集中しており、修善寺駅から最寄バス停まではバスで8分。温泉街の真ん中を流れる桂川には朱塗りの橋が架かり情緒豊かな雰囲気で、カフェやみやげ物店、ハイレベルな湯宿が建ち並ぶ。

修禅寺のすぐ近くにある日枝神社には子孫繁栄を願う、樹齢800年の「子宝の杉」がある

修禅寺

天城

『伊豆の踊り子』の舞台となった天城街道には、小説ゆかりの地が点在している。今も残る、石組みとしては最も長い「旧天城トンネル」は国の重要文化財にも指定されており、ハイキングやドライブで訪れる人が後を絶たない。わさびグルメはもちろん、最近は「伊豆鹿」などを使ったジビエ料理が楽しめる店も多い。

ひっそりとたたずむ旧天城トンネル。車での通行もできるが、狭いので通り抜け時は慎重に

浄蓮の滝

河津七滝

国道414号線を南下し、河津ループ橋を下りた先にある、大小7つの滝が点在する河津七滝。周辺は遊歩道が整備され、自然が生み出した絶景を間近で見ることができる。マイナスイオンをたっぷり浴びられる癒しスポットとして根強い人気がある。

七滝観光センター泣かせ隊食堂
ただ辛いだけではないワサビの風味を涙を流しながら楽しもう

修善寺・中伊豆のいち押しおみやげ

しいたけマドレーヌ 1個86円

天城の名品

甘く味付けされた天城山のしいたけが丸ごと入ったマドレーヌ。驚きの組み合わせで、話題のおみやげになること、間違いなし。

きままにいちりん 1個1000円

自分みやげ

花を生けてもよし、ペン立てとしてもよし。店内にはほかにも、ひとつひとつ手作業で作られたガラス細工が並ぶ。お気に入りを探そう。

天城わさびラスク・いちごラスク 各540円

おくばりみやげ

天城産わさびを使った伊豆工場限定の「天城わさびラスク」と、伊豆限定パッケージの「いちごラスク」がおすすめ。

筆者:mapple

まっぷる伊豆’19

発売日:2018年01月15日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる伊豆’19」です。掲載した内容は、2017年8~11月の取材・調査によるものです。取材後に、飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×