トップ > 関東・甲信越 > 首都圏 > 

この記事の目次

【東京のおすすめかき氷⑦】世界の5つ星ホテル御用達。高級紅茶を使った心も躍るかき氷 「ティースイーツ ラボコンテナート」【南新宿】

アッサムにカカオをブレンドしたアイリッシュモルトを使用。中にマスカルポーネチーズが入っている
アイリッシュモルト~ティラミス風~ (1485円) ※不定期提供

 

ドイツの紅茶ブランド「ロンネフェルト」による都内唯一の認定店。

茶葉販売店が、そのおいしさと効能を知ってもらうためにかき氷を開発し、常時5~6種類を入れ替わりで提供しています。

中にもクリームやゼリーを入れた贅沢なかき氷は、追いハニーウイスキーや追いカルバドス(各220円)でさらに深みある味わいに。

プラス330円で紅茶とのセットにすることも可能です。
温かい紅茶と冷たいかき氷を一緒に味わえるなんて贅沢ですよね。

 

都内で唯一ロンネフェルトティーを買える店内で至福の一杯を

ティースイーツ ラボコンテナート

  • 住所:東京都渋谷区代々木1-42-14 村野ビル1F
  • 電話番号:03-6778-0198
  • 営業時間:11:30~18:30(18:00L.O.)、土・日曜は~18:00(17:00L.O.)
  • 定休日:月曜  ※通年提供

【東京のおすすめかき氷⑧】姿も美しく上品な日本料理店のかき氷 「湯島 廚 菓子くろぎ」【湯島】

北海道産の自家製あずきがたっぷりのった定番かき氷。各素材の味をシンプルに楽しめる
富士山自家製ミルク金時 (2800円(お飲み物セット))

 

かつて日本料理店「くろぎ」があった日本家屋を利用し、「甘味割烹」という新コンセプトのもとに誕生したお店。

趣ある和の空間でかき氷を楽しめます。

提供するのは料理と甘味のセット「甘味割烹コース」4200円と、好きな甘味2種と飲み物を選べる「小菓子セット」2800円で、どちらもかき氷を選択できます。

趣ある店内でワンランク上のかき氷を味わう、特別なひと時を過ごしてみてはいかが。

 

築80年の数寄屋造りの建物。内部には洗練された和の空間が広がる

湯島 廚 菓子くろぎ 

  • 住所:東京都文京区湯島3-35-1
  • 電話番号:03-5817-8121
  • 営業時間:11:00~20:00(19:00L.O.)
  • 定休日:水曜  ※通年提供

【東京のおすすめかき氷⑨】浅草で多くの人に愛されるたい焼きとかき氷のお店 「浅草浪花屋」【浅草】

8時間かけて炊き上げる十勝産のあずきといちごシロップがやさしい甘さでいくらでも食べられそう
あさやけ (980円) ※期間限定:晩春~初秋

 

麻布十番の「浪花家総本店」からのれん分けした甘味処。

本店譲りのたい焼きが看板メニューですが、かき氷が絶品との声も多く、季節を問わずお客さんでにぎわいます。

ぽってり丸いフォルムがかわいいかき氷はふわふわで、独自のアレンジを利かせた和のテイストが魅力。

手ごろでありながら、味の変化や食感など飽きずに食べられる工夫がされており、ファンの多さも納得のおいしさです。

 

つくばエクスプレスの浅草駅から徒歩2分の場所にある店舗

浅草浪花屋 

  • 住所:東京都台東区浅草2-12-4
  • 電話番号:03-3842-0988
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:火曜(ほか、不定休あり) ※Twitterにて要確認  ※通年提供

【東京のおすすめかき氷⑩】クラフトビアバーの一味違うシメかき氷 「麦酒屋るぷりん」【銀座】

廃糖蜜を隠し味にした煎り番茶のシロップが香ばしい。スプレーボトル入りラム酒(夜のみ提供)を吹きかけると大人の味に
煎り番茶シロップ (1540円(純氷の場合は1100円))

 

銀座のビルの3階にある小さなビアバー。

国産樽生クラフトビールが自慢のこのお店の、隠れた名物がかき氷です。

飲んだ後のシメとして考案され、煎り番茶風味の定番から、季節のフルーツを使った限定ものまで常時3種類ほどを揃えます。

2020年春には2階に姉妹店の「炭火屋るぷりん」もオープン。
ランチタイムにハーフサイズのかき氷が楽しめるので、こちらも要チェックです。

 

無垢材を使った重厚なカウンターとテーブル席があり、店内のインテリアはまるでカフェのようにおしゃれ

麦酒屋るぷりん 

  • 住所:東京都中央区銀座6-7-7 浦野ビル3F
  • 電話番号:03-6228-5728
  • 営業時間:15:00~20:00(19:00L.O.)
    ※変動あり、かき氷単品での提供は〜18:00
  • 定休日:月曜 ※チャージ料500円 ※通年提供

【東京のおすすめかき氷⑪】フルーツ好きの夢をかなえるゴージャスな氷パフェ 「よろず茶屋444」【浅草】

中にミルクを凍らせて削った氷が隠れている。甘くほのかな酸味のあるメロンシロップをかけて
めろんみるく3段 (3850円)

 

自家製のミルク氷にフルーツやクリームをトッピングした、パフェのようなかき氷で知られるお店。

氷が見えないほどにフルーツが盛られ、贅沢なだけでなくビジュアルもかわいいと話題です。

店主は日々生産者を探し、その時期で一番おいしい果物を選んで仕入れているそう。

看板商品の「めろんみるく3段」は、メロン約1・5個分を使った驚きのボリューム!

心もおなかも大満足の一品です。

 

壁や天井のデコレーションが独特の雰囲気を作り出している。 かき氷の背景にして撮影するのも楽しい

よろず茶屋444 

  • 住所:東京都台東区浅草4-4-4 浅草荘マンション1F
  • 電話番号:03-5808-9408
  • 営業時間:10:00~15:30(15:00L.O.)
  • 定休日:不定休
    ※公式サイトにて要確認 ※通年提供

【東京のおすすめかき氷⑫】香り豊かなフルーツをパティシエの技で味わう 「THE Tokyo Fruitsパーラー」【自由が丘】

宮崎県産マンゴーのソースがフレッシュで濃厚な味わい。マンゴーの種類は時期によって変わる
日光天然氷のかき氷(マンゴー) (1700円)

 

全国より厳選した果物を楽しんでもらうためにオープンしたフルーツパーラー。

畑の中の果樹が育った場所にさえこだわって仕入れたフルーツを、パフェやフルーツサンドで堪能できます。

夏限定のかき氷は、手動のかき氷機でふんわり削った天然氷に、加熱せずに作ったフルーツのソースをかけた贅沢なもの。

氷に隠れた果実の香りと味わいが素晴らしく、思わず顔がほころびます。

 

レストランを思わせる明るい店内

THE Tokyo Fruitsパーラー 

  • 住所:東京都世田谷区奥沢5-37-9 1F
  • 電話番号:03-6459-7011
  • 営業時間:11:00~19:00(18:00L.O.)
  • 定休日:火・水曜  ※6~10月提供(変動あり)

【東京のおすすめかき氷⑬】専門店でいただくチョコレートのかき氷 「PRESQU'ÎLE chocolaterie」【吉祥寺】

濃厚な風味を楽しめるショコラ尽くしのかき氷。氷の下には薄い板チョコとショコラソースが
ドゥーショコラ (1000円)

 

カカオの産地や鮮度にこだわり、豆一粒一粒をていねいに選別して作るショコラの味わいに定評があるお店。

夏限定のかき氷「グラニテ・ショコラ」は、厳選されたカカオで作る華やかな余韻のかき氷です。

マンゴーやライチなど4種のフレーバーがありますが、ショコラをストレートに楽しむなら「ドゥーショコラ」がおすすめ。

グレナダ産カカオをベースにした氷はシルキーな舌触りで香りの余韻が長く続き、一口ごとに幸せな気分に導いてくれます。

 

吉祥寺駅から徒歩約10分の五日市街道沿いにあるお店

PRESQU’ÎLE chocolaterie 

  • 住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-15-18
  • 電話番号:0422-27-2256
  • 営業時間:11:00~19:00(18:30L.O.)
  • 定休日:火・水曜(ほか、不定休あり)
    ※Instagramにて要確認  ※4~9月提供

>>『かき氷本』の詳細はこちら

1 2 3

海外・国内旅行大好き!カメラ片手に楽しいおでかけ情報を探して紹介していきます。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください