>  >  >  >  >  香川【さぬきうどん】沿線の名店へ電車でGO!

香川【さぬきうどん】沿線の名店へ電車でGO!

香川【さぬきうどん】沿線の名店へ電車でGO!

有名うどん店は市街地にも点在する。車利用でなくても行けるJR、ことでんの駅から近い名店も多数。電車でめぐる“うどん旅”へ、出発進行!

JRでGO!

運行状況
初乗り運賃は予讃線210円、高徳線160円。日中は1時間に1~6本が運行する。

ことでんJRくるり~んきっぷ
ことでん全線とJR四国の志度駅~高松駅~琴平駅間が1日乗り降り自由になるきっぷ。JR四国管内の駅にあるみどりの窓口や、ことでん高松築港駅などで購入できる。1960円。
www.jr-shikoku.co.jp

手打うどん 善や 【JR高徳線】屋島 徒歩7分

つるしこ麺と野菜天に舌つづみ
3代にわたり地元で愛され続ける店。1玉300gの麺に5種の野菜天が盛られた野菜天ざるうどんは、創業当初からの看板メニュー。朝5時から仕込むおでんと合わせて食べたい。

一般店
P27台

手打うどん 善や 【JR高徳線】屋島 徒歩7分
手打うどん 善や 【JR高徳線】屋島 徒歩7分

野菜天ざるうどん 490円
菜種油と大豆油を使って揚げたサクサク衣の野菜の天ぷらが絶品

手打うどん 善や 【JR高徳線】屋島 徒歩7分

[こちらもオススメ]おでん 110円~
だしがしみ込んだ天ぷらと地元で獲れたいいだこのおでん

手打うどん 善や

住所
香川県高松市新田町甲69-10
交通
JR高徳線屋島駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
10:15~15:00(L.O.)
休業日
無休(1月1~2日休)
料金
野菜天ざるうどん=490円/鍋焼きうどん=780円/天ぷらざるうどん=920円/肉うどん=550円/おでん=110円~/ 平均予算(昼):500円

さか枝【JR高徳線】栗林公園北口 徒歩10分

朝も昼も行列必至超人気のセルフ店
早朝から多くのビジネスマンや観光客で賑わう王道セルフ店。回転が速いため、麺はいつでも打ちたて、ゆでたてが味わえる。いりこベースに5種類のかつおからとっただしが香り高い。

セルフ
土日祝休
朝うどん
P16台

さか枝【JR高徳線】栗林公園北口 徒歩10分
さか枝【JR高徳線】栗林公園北口 徒歩10分

かけうどん(小)+えび天 270円
素朴な小麦の味がする太麺とだしが相性抜群

さか枝

住所
香川県高松市番町5丁目2-23
交通
JR高徳線栗林公園北口駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
5:30~15:00頃(売り切れ次第閉店)
休業日
日曜、祝日(1月1~3日休)
料金
かけうどん=180円(小)・210円(中)・240円(大)/ぶっかけうどん=200円(小)・240円(中)・260円(大)/かけうどん(小)+えび天=270円/かけうどん(小)+ちくわ=270円/かけうどん(中)+あげ+あなご天ぷら=390円/天ぷら=90円/トッピング=90円/ 平均予算(昼):400円

一福【JR予讃線】端岡 徒歩15分

わずか数ミリの究極の細麺うどん
店主の修業先、中村うどん譲りの細麺で知られるうどん店。口コミで評判が広がり、年々ファンが増えている。麺は口あたりがよく強いコシがある。かための衣が特徴の天ぷらも人気。

セルフ
P25台

一福【JR予讃線】端岡 徒歩15分
一福【JR予讃線】端岡 徒歩15分

かけ(小)220円
のどごしのよい麺に、いりこ系のスッキリとした透明なだしが合う

一福

住所
香川県高松市国分寺町新居169-1
交通
JR予讃線国分駅からタクシー5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~14:00(閉店、売り切れ次第閉店)、土・日曜、祝日は~15:00(閉店)
休業日
不定休(1月1日休)
料金
かけ(小)=220円/ざる=280円/ぶっかけ+温泉卵=360円/とり天=140円/かまたま=330円/ 平均予算(昼):500円

西端手打 上戸【JR予讃線】箕浦 徒歩すぐ

自慢のエッジが効いた極太麺に大満足
朝6時から営業する讃岐エリアの人気店。直径8mmもある香川屈指の極太麺が、早朝の眠気も一気に吹き飛ばす。12種類ほどの天ぷらも開店から勢ぞろいする。

セルフ
朝うどん
P20台

西端手打 上戸【JR予讃線】箕浦 徒歩すぐ
西端手打 上戸【JR予讃線】箕浦 徒歩すぐ

かけうどん(小)+ちくわ 320円
もっちりとした弾力麺は、小でも食べ応え十分!

西端手打 上戸【JR予讃線】箕浦 徒歩すぐ

厨房まで見渡せる店内

上戸

住所
香川県観音寺市豊浜町箕浦974-1
交通
JR予讃線箕浦駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
6:00~15:00(売り切れ次第閉店)
休業日
木曜
料金
かけうどん=220円(小)/冷ぶっかけ=250円(小)/天ぷら=100円~/ 平均予算(昼):400円

ことでんでGO!

ことでんって?
明治44(1911)年に運転を開始した香川のローカル線で、正式名称は高松琴平電気鉄道。志度線、長尾線、琴平線の3つの路線があり、県内の要所を網羅する。マスコットキャラクターはイルカの「ことちゃんファミリー」。
www.kotoden.co.jp

運行状況
初乗り運賃は190円。琴平線は日中15~30分間隔、志度線、長尾線は日中20分間隔で運行。

途中下車制度
指定駅で途中下車し、再びそのきっぷで乗車して目的地まで行ける制度。きっぷでの乗車に限るので注意しよう。指定駅はホームページからチェック。

1日フリー切符
全線の乗り降りが自由になるきっぷ。瓦町駅などで購入することができる。1230円。

うどん商人 つづみ屋【ことでん志度線】八栗新道 徒歩3分

野菜ソムリエ監修のカラフル野菜が目にも鮮やか
二代目店主の岡谷泰秀さんが「おいしくて体によいものを」と開発した旬菜彩りうどんをはじめ、季節限定の創作うどんが豊富。栄養バランスが考えられたうどんは、毎日食べても飽きないほど。

一般店
夜うどん
P25台

うどん商人 つづみ屋【ことでん志度線】八栗新道 徒歩3分
うどん商人 つづみ屋【ことでん志度線】八栗新道 徒歩3分

旬菜彩りうどん(冬バージョン)1080円
野菜を練り込んだ3色うどんに、旬のサラダや天ぷらがつく

うどん商人 つづみ屋

住所
香川県高松市牟礼町大町1310-1
交通
高松琴平電鉄志度線八栗新道駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:00(L.O.)、土・日曜、祝日は8:00~
休業日
第2・4水曜、祝日の場合は営業
料金
旬菜彩りうどん=1080円/味噌どり=390円/醤油うどん=450円/肉うどん=700円/カレーうどん=700円/天ぷらうどん=900円/旬菜彩りうどん(冬バージョン)=1080円/ 平均予算(昼):600円, 平均予算(夜):800円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる香川 さぬきうどん 高松・琴平・小豆島」です。掲載した内容は、2017年8月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×