>  >  >  >  >  > 

【茨城・水戸】偕楽園の周辺観光スポットを楽しむ!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年5月7日

この記事をシェアしよう!

【茨城・水戸】偕楽園の周辺観光スポットを楽しむ!

偕楽園の周辺には千波湖をはじめ、徳川家にまつわる施設など観光スポットが集まります。
今回は、ミュージアムやひと休みできる休憩スポットもご紹介。
歴史に思いを馳せながら、ぐるっと散策してみてはいかがでしょうか。

【水戸・偕楽園周辺×観光】広大な市民憩いの場「千波公園」

湖には多様な生物が生息し、のどかな雰囲気が漂う。SL機関車や少年の森などもある。
【偕楽園から徒歩10分】

<石川貸しボート DATA>
営業時間:9:00~日没まで
休業日:無休(荒天時は運休)
料金:手こぎボート(30分)700円、スワンボート(30分)1500円

【水戸・偕楽園周辺×観光】広大な市民憩いの場「千波公園」

周囲約3㎞の湖を囲む、広々とした市民のオアシス

【水戸・偕楽園周辺×観光】広大な市民憩いの場「千波公園」

少年の森には遊具もある

【水戸・偕楽園周辺×観光】広大な市民憩いの場「千波公園」

大噴水のライトアップは日没後30分ごとに10 分間

【水戸・偕楽園周辺×観光】広大な市民憩いの場「千波公園」

公園から偕楽園の好文亭がよく見える

千波公園

住所
茨城県水戸市千波町
交通
JR水戸駅から関東鉄道千波湖方面行きバスで10分、千波湖下車すぐ
料金
手こぎボート(石川貸しボート)=700円(30分)/スワンボート=1500円(30分)/レンタサイクル1回=中学生以上500円、小学生以下300円、タンデム車500円/

【水戸・偕楽園周辺×観光】光圀公と斉昭公を祀る「常磐神社」

水戸藩2代藩主徳川光圀公と9代藩主徳川斉昭公が祀られている神社。
【偕楽園から徒歩すぐ】

【水戸・偕楽園周辺×観光】光圀公と斉昭公を祀る「常磐神社」

石畳の参道を進むと、正面に拝殿、後ろに本殿がある

【水戸・偕楽園周辺×観光】光圀公と斉昭公を祀る「常磐神社」

商売繁盛、交通安全のご利益もあるという

常磐神社

住所
茨城県水戸市常磐町1丁目3-1
交通
JR水戸駅から関東鉄道偕楽園行きバスで15分、終点下車すぐ
料金
入場料=無料/義烈館入館料=300円/(20名以上の団体は大人250円、小・中学生50円、義烈館入館料は障がい者本人と同伴者1名200円引)

【水戸・偕楽園周辺×観光】水戸徳川家の歴史を学ぶならここへ「徳川ミュージアム」

水戸徳川家に伝わる大名道具や古文書など、約6万点もの貴重な品々を収蔵、展示している。
【偕楽園から徒歩15分】

【水戸・偕楽園周辺×観光】水戸徳川家の歴史を学ぶならここへ「徳川ミュージアム」

黄門様の印籠、刀燭台切光忠は必見

【水戸・偕楽園周辺×観光】千波湖畔にたたずむ美術館「茨城県近代美術館」

茨城ゆかりの作家を中心に、国内外約4000点の近代美術作品を収蔵・展示。
【偕楽園から徒歩15分】

【水戸・偕楽園周辺×観光】千波湖畔にたたずむ美術館「茨城県近代美術館」

湖畔散策時に立ち寄りやすい

茨城県近代美術館

住所
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通
JR水戸駅から茨城交通千波循環バスまたは関東鉄道バス払沢方面行きで3分、文化センター入口下車すぐ

【水戸・偕楽園周辺×観光】茨城県の歴史通になろう「茨城県立歴史館」

茨城県の歴史を常設展で紹介するとともに、毎回趣向を凝らした企画展や特別展を開催。敷地内には、江戸時代の民家建築や洋風校舎もある。
【偕楽園から徒歩5分】

【水戸・偕楽園周辺×観光】茨城県の歴史通になろう「茨城県立歴史館」

茨城の歴史をわかりやすく紹介している

茨城県立歴史館

住所
茨城県水戸市緑町2丁目1-15
交通
JR水戸駅から茨城交通表町方面行きバスで10分、歴史館偕楽園入口下車すぐ
料金
入館料=大人150円、大学生80円(特別展開催期間は大人600円、大学生310円)/(小・中・高校生・未就学児・満70歳以上、各種障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

【水戸・偕楽園周辺】ここでひと休み

【水戸・偕楽園周辺×グルメ】千波湖のほとりで満足ランチ「好文café」

店内から千波湖が一望できるカフェ。茨城県産の奥久慈たまごを使った、奥久慈たまごのふわとろオムライスはクセになる食感。
【偕楽園から徒歩10分】

【水戸・偕楽園周辺×グルメ】千波湖のほとりで満足ランチ「好文café」

奥久慈たまごのふわとろオムライス 1320円

好文cafe

住所
茨城県水戸市千波町3080
交通
JR水戸駅から関東鉄道千波湖方面行きバスで10分、千波湖下車すぐ
料金
ランチ=1240円~/Dランチ(茨城牛のビーフシチュー)=1530円(変更の場合あり)/千波白鳥シュー=210円/千波黒鳥シュー=210円/カフェラテ=450円/

【水戸・偕楽園周辺×グルメ】黄門料理を現代風に再現「とう粋庵」

偕楽園のすぐそばのロケーション。黄門様の好物・長寿料理を現代風にアレンジしたメニューがいただける。
【偕楽園から徒歩10分】

【水戸・偕楽園周辺×グルメ】黄門料理を現代風に再現「とう粋庵」

黄門昼膳 3850円

写真は一例。要予約

とう粋庵

住所
茨城県水戸市千波町2755-1
交通
JR水戸駅から関東鉄道千波湖方面行きバスで10分、千波湖下車すぐ
料金
黄門料理(ランチ、予約制)=3780円/ゆばとろ膳=1944円/花かご=2970円/(個室利用(10名まで)の場合ルームチャージあり3240円~)

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください