おでかけ情報満載!「マップル」の観光旅行メディア|マップルトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「マップル」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【遠州三山詣で】パワースポットで心と体を浄化!

【遠州三山詣で】パワースポットで心と体を浄化!

【遠州三山詣で】パワースポットで心と体を浄化!

by mapple

更新日:2019年1月19日

古刹が多く残る袋井市の中でも、特に歴史のある法多山尊永寺、可睡齋、油山寺は「遠州三山」と呼ばれ、3つの寺院を巡る旅が好評。日常を忘れてリフレッシュしたり、御朱印集めも楽しめる!

法多山尊永寺

四季を通じて賑わう厄除け祈願の名所
神亀2(725)年、聖武天皇の命を受けて行基が開山した。厄除観音として知られ、初詣はもちろん節分、桜、紅葉と一年中見所があり、多くの参拝客を集める。名物の厄除だんごはおみやげにぜひ。

【主なイベント】
節分祭(2月)、さくらまつり(3・4月)、万灯祭(7月)、星満夜(9・10月)、だんごまつり(11月)、もみじまつり(11・12月)など

法多山尊永寺
法多山尊永寺

「法多山万灯祭」では、法多山で最もご利益があるとされる7月10日に向け、9日から約1500もの灯籠が奉納される 

法多山尊永寺

境内で行う朝ヨガや、土~月曜のみ営業の「ごりやくカフェ」も人気

法多山尊永寺

厄除だんごはお茶付きで200円

秋葉總本殿可睡齋

火伏の仏に守られた秋葉信仰の総本山
室町時代初期に創立し、和尚の居眠りを見た徳川家康が名付けた古刹。火伏の仏・秋葉三尺坊大権現が祀られ、火の霊場として全国的に名高い。禅の修行道場であり、坐禅体験(500円~)もできる。

【主なイベント】
可睡齋ひなまつり(1~3月)、ぼたん燦燦まつり(4月)、奥之院不動尊大祭(8月)、秋葉の火まつり(12月)など

秋葉總本殿可睡齋
秋葉總本殿可睡齋

元旦から3月末まで行われる「可睡齋ひなまつり」。32段1200体の雛飾りは圧巻!

秋葉總本殿可睡齋

全国から修行僧が集まる曹洞宗の専門僧堂。宿泊体験は8000円(要予約)

秋葉總本殿可睡齋

地元の旬の食材を使った精進料理(2000円~、要予約)

医王山油山寺

文化財に囲まれた寺で眼の仏、足の神に祈る
大宝元(701)年、行基が開山した真言宗の寺には、三重塔など重要文化財が多く残る。山門は元掛川城の大手門で、井伊直好公が建立。目の霊山として信仰を集め、健足の神も祀られるなどご利益が多彩だ。

【主なイベント】
星祭中日大祭 成人の日(1月)、弘法大師大祭(4月)、栄西禅師献茶式(5月)、百万遍(8月)など

医王山油山寺
医王山油山寺

紅葉シーズンは、遠州三山すべてが見所に!
源頼朝公から、眼病平癒のお礼として建立された三重塔。紅葉の時期も美しい

医王山油山寺

その昔、油が湧出したことから名がついたという

医王山油山寺

孝謙天皇が寺の霊水で目を洗い、眼病治癒した逸話が信仰の由来

遠州三山風鈴まつり

ご利益めぐりをもっと楽しむ
袋井の夏の風物詩として、遠州三山すべてに風鈴が飾られるイベントを開催。風鈴の音が邪気を払い、暑さをしのいでくれる。夏限定のスイーツも楽しみだ。2019年の開催情報は、袋井市観光協会(0538-43-1006)へ問合せを。

遠州三山風鈴まつり

可睡齋の風鈴は鮮やか

遠州三山風鈴まつり

ノスタルジックな油山寺の風鈴

遠州三山風鈴まつり

法多山は涼しげな印象

遠州三山風鈴まつり

法多山尊永寺の「だんご茶屋」で、夏季限定で登場する厄除氷(500円)も楽しみ

筆者:mapple

まっぷる静岡 浜名湖・富士山麓・伊豆’19

発売日:2018年10月05日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×