>  >  >  >  >  >  【日光みやげ】これは絶対買い!おすすめをチェック!

【日光みやげ】これは絶対買い!おすすめをチェック!

【日光みやげ】これは絶対買い!おすすめをチェック!

駅前から日光山内までの道中には気になるおみやげ店がいっぱい!自分用に買うもよし、プレゼントもよし。お気に入りの一品を探そう♪

元祖日昇堂日光本店

シュガー・抹茶・メイプルのラスクがお得感たっぷりなセットに。老舗和菓子店が手がけているだけあり、素材の上品な味わいが感じられる。

元祖日昇堂日光本店

「日光ラスク」(3袋入り)660円
老舗和菓子店が届ける3種のラスクを食べ比べ

元祖日昇堂日光本店

TENTO CHOCOLATE

住所
栃木県日光市上鉢石町1038-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:00
休業日
不定休
料金
三猿もなか=432円(3個入り)/日光湯波おかき=450円(1袋)/

日光ぷりん亭

日光霧降高原大笹牧場の牛乳と日光産の卵を使う。とろりとしたなめらかな食感。乙女ぷりんは栃木産いちごのジュレがたっぷり。2017年7月オープン。

日光ぷりん亭

「乙女ぷりん」400円(手前)
「日光ぷりん」380円(奥)
ご当地素材を使った自家製の絶品プリン

日光ぷりん亭

TEN to MARU

京都の職人が手がける御朱印帖。2018年から漆に日光彫を施した新商品も仲間入り。お参り前にぜひ手に入れたい。写真左の留め具は864円。

TEN to MARU

「御朱印帖」1944円(左・右奥)
「漆の御朱印帖」4860円(真ん中)
愛らしい御朱印帖にお参りの楽しさUP!

TEN to MARU

TEN to MARU

住所
栃木県日光市安川町4-23
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで6分、総合会館前下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:00(変更の場合あり)
休業日
不定休
料金
オリジナルマスキングテープ=432円(1個)/

つけもの樋山 日光店

秘伝のたまり醤油に漬け込み熟成させた漬け物は、保存料・着色料を一切使わず国内産の原料のみ。パリッと香ばしく味わい深いとおみやげに人気。

つけもの樋山 日光店

「たまりらっきょう」1袋648円(右)
「だいこん」1袋540円(左)
食べるほどクセになる熟成を重ねたお漬物

つけもの樋山 日光店

つけもの樋山 日光店

住所
栃木県日光市石屋町414
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:00(12~翌4月は10:00~16:00)
休業日
無休
料金
たまりらっきょう(1袋)=648円/

日光カステラ本舗 本店

カステラの名店が試行錯誤して作ったチーズケーキは濃厚なクリームチーズと口どけのよさが絶品。カステラとともに両方購入する人が続出。

日光カステラ本舗 本店

「カステラ屋さんのチーズケーキ」1400円
カステラ店のこだわりチーズケーキ

日光カステラ本舗 本店

日光カステラ本舗 本店

住所
栃木県日光市本町1-8
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで7分、西参道下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(時期により異なる)
休業日
無休
料金
金箔入り日光カステラ=970円(小、1本)、1730円(大、1本)/

cafe&gallery 仁右衛門

器や和雑貨などを全国の窯元からセレクト。老若男女問わず愛される豆皿は、九谷焼や瀬戸焼などさまざま。三猿が彫られたグラスも人気が高い。

cafe&gallery 仁右衛門

「豆皿」756円(左)1080円(右)
日光詣での記念に縁起柄の豆皿を
※豆皿は仕入れにより柄が異なる

cafe&gallery 仁右衛門

cafe & gallery 仁右衛門

住所
栃木県日光市石屋町418-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(L.O.)
休業日
水曜、第2・4木曜
料金
大人の抹茶ババロア(グリーンティ付)=750円/お抹茶カプチーノ=550円/クリームあんみつ仁右衛門風(グリーンティ付)=750円/ 平均予算(昼):800円

日光ステーションホテルクラシック

ホテルで朝食時に提供されている自家製ジャムがギフトショップで購入できるように。季節により自家菜園で採れたいちごやトマトのジャムも登場。

日光ステーションホテルクラシック

「にんじんトマトジャム」540円(右)
「アップルジャム」540円(左)
ホテルの朝食で評判の濃厚な自家製ジャム

日光ステーションホテルクラシック

日光ステーションホテルクラシック

住所
栃木県日光市相生町3-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
不定休
料金
1泊2食付=14000円~/外来入浴(11:00~23:00、予約不要)=700円/(入湯税別150円)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる日光・那須 鬼怒川・塩原'19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×