>  >  >  >  >  【新潟】笹川流れドライブ!自然の芸術を目に走る!

【新潟】笹川流れドライブ!自然の芸術を目に走る!

【新潟】笹川流れドライブ!自然の芸術を目に走る!

不思議な形の岩が連続する海岸線「笹川流れ」は、日本百景にも選定されている景勝地。海の真横を走る国道345号を北上して風光明媚なドライブへでかけよう!

笹川流れ

国指定名勝および天然記念物で11km続く海岸線。澄み切った紺碧の海と白砂のコントラストが美しい。日本海の荒波の浸食でできた奇岩など、変化に富んだ風景が広がる。

笹川流れ

日本海に沈む夕日も美しい

笹川流れ

住所
新潟県村上市笹川
交通
JR羽越本線桑川駅から徒歩15分
営業期間
3月下旬~11月中旬
営業時間
9:00~16:00(閉店)
休業日
期間中荒天時
料金
乗船料=大人1000円、小人500円/(30名以上の団体は1割引)

START!

笹川流れ観光汽船

海上からダイナミックな景勝美を望む
車窓とは違う海側からの景色が楽しめるだけでなく、並走するカモメに餌付け体験もできる。荒波に削られた奇岩と碧い海とのコントラストは一見の価値あり。パソコンや携帯電話からの予約も可能。

笹川流れ観光汽船

エサを求めてカモメが並走してくる

笹川流れ観光汽船

透明度の高いきれいな海を実感できる

笹川流れ遊覧船

住所
新潟県村上市桑川975-44
交通
JR羽越本線桑川駅から徒歩15分
営業期間
3月下旬~11月中旬
営業時間
9:00~16:00頃(30~40分の不定期運航)
休業日
期間中荒天時
料金
乗船料=大人1000円、3歳以上~小学生500円/(30名以上の団体は1割引)

 ↓ 隣接

笹川流れの地魚処 天ぴ屋

天日と潮風で干し上げる干物をパクリ
地元で水揚げされた鮮魚を加工し、完全天日干しで作る一夜干しが自慢の店。日光をふんだんに浴びさせて干すことで、アミノ酸を多く含んだおいしい干物が作られる。

笹川流れの地魚処 天ぴ屋

だし醤油で焼かれたタコの串焼き 300円

笹川流れの地魚処 天ぴ屋

炭火焼コーナーでは旬のさまざまな干物を販売

笹川流れ地魚処 天ぴ屋 海カフェ

住所
新潟県村上市桑川968
交通
JR羽越本線桑川駅から徒歩15分
営業期間
3月上旬~12月上旬
営業時間
8:00~16:00(閉店)
休業日
期間中無休
料金
笹川流れ地魚の秘伝スモーク=500円/海鮭のおしょうゆ干し=500円~/地魚炭火焼おつまみセット=300円(小)・500円(大)/笹川流れ天ぴ屋おにぎりセット=600円/ 平均予算(昼):1000円(障がい者手帳持参で乗船料半額)

ViewPoint

ViewPoint

ニタリ岩
源義経がこの岩のユーモラスな形にニタリと笑ったことから名付けられたと伝えられる

ViewPoint

眼鏡岩
めがねのような形の岩に2つの穴が開いていたことからこの名がついたが、昭和39(1964)年の新潟地震で片方の穴が崩れ落ちた

ViewPoint

恐竜岩
大きな恐竜が両手をついて、海に首を入れ、海水を吸い上げているように見える。比較的目立つ、個性的な形

ViewPoint

鷹巣岩
タカをはじめとした鳥の生息地。タカやハヤブサが岩の切れ目や岩の上に生えている松のこずえに巣を作ったことから名付けられた

 ↓ 車で10分

筆者:まっぷる

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷる」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×