>  >  >  >  >  沖縄美ら海水族館の楽しみ方完全ガイド!みどころやモデルプラン、イルカショーなど

沖縄美ら海水族館の楽しみ方完全ガイド!みどころやモデルプラン、イルカショーなど

目次

  • 沖縄美ら海水族館とは?
  • 魅力①巨大水槽「黒潮の海」を泳ぐジンベエザメは圧巻!
  • 魅力②見学を楽しむための工夫がたくさん!
  • 魅力③水族館外にもみどころがたくさん!必見はオキちゃん劇場の「イルカショー」
  • アクセス方法
  • 入館料
  • 小さな子がいても安心!子連れ情報
  • 館内の必見スポット
  • 所要時間はどのくらい?おすすめモデルプラン
  • 水族館内&公園内のプログラム一覧
  • お土産を買うならショップ「ブルーマンタ」で
  • まだまだある!海洋博公園内の見どころ
  • 一緒に巡りたい!沖縄美ら海水族館の周辺観光スポット

館内の必見スポット

約520種にもおよぶ生き物が展示され大小77の水槽がある美ら海水族館。目玉といえば「黒潮の海」ですが、ほかにも工夫を凝らした展示がいっぱい。

サンゴ礁に囲まれた浅瀬の海から、水深200m以深の深海を再現した、楽しい海の世界を存分に探検してみましょう!

イノーの生き物たち

イノーの生き物たち

「イノー」とは、沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海(礁池)という意味。

ヒトデやナマコなど、浅瀬に棲む生き物に触ることができます。生き物は水中から出さず、やさしくタッチしましょう。

海水を使用しているので、触れ合いの後は、すぐそばの水道で手を洗うのを忘れずに。

サンゴの海

サンゴの海

飼育員が実際に本部町の海に潜って見た風景を再現したという水槽に、約70種450群体の造礁サンゴを展示。絶えず海水を循環させることによって、長いもので10年以上飼育をし、毎年6月頃にはサンゴの放卵放精が確認されています。

熱帯魚の海

熱帯魚の海

太陽光が降り注ぐ浅い岩場から砂地、薄暗い洞窟まで、沖縄周辺に広がる多様なサンゴ礁域の環境を再現。水槽内を約140種の鮮やかな色彩の魚が泳ぎ、南国ならではの美しい海の世界を見ることができます。

サメ博士の部屋

サメ博士の部屋

実際に触ることができるサメ皮やホホジロザメの胎仔の標本など、サメに関する資料が充実。水槽では、迫力のあるオオメジロザメなどサメとエイ類の泳ぐ姿が見られます。

サメ博士の部屋

大小さまざまなサメの歯の実物展示もあり、迫力満点!

所要時間はどのくらい?おすすめモデルプラン

さくっと見るなら2時間、じっくり見るなら4~5時間

美ら海水族館を見てまわるには通常だいたい4~5時間かかります。主要スポットをさくっとまわるなら、開館すぐの朝のうちか、「4時からチケット」を利用して16時以降がオススメ。

どちらの時間帯も比較的すいています。イルカショーなど園内のほかの施設もまわるなら、時間に余裕をもって1日見ておくとよいでしょう。美ら海水族館だけでも最低半日は見ておきたいところです。

旅のスケジュールに合わせて、2つのプランをご紹介します!

 

沖縄美ら海水族館館内マップ

 

必見スポットをバッチリおさえて「さくっとプラン」2時間~3時間

水族館だけなら2時間。イルカショーとマナティー館、ウミガメ館にも立ち寄って約3時間のプラン。

13時過ぎに入館したら、15時からのオキちゃんショーに合わせて、遅くとも14:40には水族館を出るようにしましょう。

①13:00 駐車場に到着
水族館にいちばん近い駐車場がおすすめ

②13:10 入館
エスカレーターで水族館入り口の3階へ

③13:15 イノーの生き物たち

④13:30 サンゴの海

⑤13:45 熱帯魚の海

⑥14:00 黒潮の海
時間があるならカフェでひと休み

⑦14:15 サメ博士の部屋

⑧14:30 海のプラネタリウム

⑨14:40 水族館出口へ

⑩15:00 オキちゃん劇場
イルカショー(約20分)

⑪15:30 マナティー館・ウミガメ館

⑫16:00 駐車場に到着

必見スポットをバッチリおさえて「さくっとプラン」2時間~3時間

「サンゴの海」は上から眺めることもできる(入館料不要エリア)

公園内の施設を思う存分満喫「じっくりプラン」1日

水族館やイルカショーだけでなく、おきなわ郷土村や熱帯ドリームセンターなども楽しみたい方へ。

9:30に入館したら午前中いっぱいは館内をゆっくり見学しましょう。お昼は館内のレストラン「イノー」で。午後におみやげの買い物を済ませたら15時から外のイルカショーを見学。

その後、海洋博公園の施設もまわる1日満喫プランです。

①9:20 駐車場に到着

9:30 入館

③9:40 イノーの生き物たち

④10:10 サンゴの海

⑤10:30 熱帯魚の海

10:50 黒潮の海

⑦11:20 サメ博士の部屋

⑧11:35 深層の海

⑨11:40 海のプラネタリウム

⑩11:50 水族館出口へ

12:00 レストラン「イノー」
沖縄食材のビュッフェを楽しもう

13:20 ショップ「ブルーマンタ」

⑬13:50
館外施設を見てまわろう
総合休憩所(美ら海プラザ)
マナティー館・ウミガメ館

15:00 オキちゃん劇場
イルカショー(約20分)

⑮15:30
海洋文化館
おきなわ郷土村
熱帯ドリームセンター

⑯17:00 駐車場に到着

公園内の施設を思う存分満喫「じっくりプラン」1日

ロケーション抜群の「レストラン イノー」のランチビュッフェ

公園内の施設を思う存分満喫「じっくりプラン」1日

珍しい深海生物も展示されている「深層の海」

公園内の施設を思う存分満喫「じっくりプラン」1日

発光生物を展示した「海のプラネタリウム」。暗い海中で淡い光を放つ姿は、まるで夜空に輝く星のよう

公園内の施設を思う存分満喫「じっくりプラン」1日

飼育員による「わくわくアクアラボ」は、大人も子供も楽しめる内容(解説11:00/14:00)

水族館内&公園内のプログラム一覧

美ら海水族館を含む海洋博公園内では日々楽しいプログラムが開催されています。水族館の中だけでなく館外のイルカショーなど、開催時間を事前にチェックしておきましょう。

美ら海水族館館内

●イノーの生き物たち
「水槽解説」常時

●サンゴの海
「水槽解説」10:30 / 12:30 / 14:30

●熱帯魚の海
「水槽解説」11:00 / 15:30
「給餌解説」13:00

●黒潮の海
「水槽解説」11:30 / 13:30
「給餌解説」9:30 / 15:00/17:00

●黒潮探検(水上観覧コース)
観覧時間 8:30~11:00、17:30~閉館まで
※入場締切は各15分前まで
「水槽解説」9:30 10:00 10:30 / 18:00 18:30* 19:00*
※18:30* 19:00*の回は、夏期(3~9月)のみ実施

●わくわくアクアラボ
「飼育員の解説」11:00 / 14:00

●美ら海シアター
詳細は公式HPでご確認ください

水族館外

●オキちゃん劇場
「イルカショー」10:30 11:30 13:00 15:00 17:00
「ダイバーショー」12:00 14:00 15:30

●イルカラグーン
「イルカ体験学習(有料)」9:30 13:30 16:00
※1人 1000円 ※定員20名/回 ※12:00~13:00は販売中止 ※6歳以上対象
「イルカ給餌体験(有料)」9:30 11:00 13:30 15:30
※エサ代 500円 ※売り切れ次第終了

お土産を買うなら一階ショップ「ブルーマンタ」で

水族館出口近くにあるショップ「ブルーマンタ」では、館内の人気者たちがオリジナルグッズになって登場。どれにしようか迷ってしまうほどキュートなものがズラリ!日本国内なら1箱(最大140サイズ20㎏まで)1600で円で宅配できるので、たくさん買ってもOK!

Tシャツ「いっしょに泳ごう」 大人用3410円 / キッズ2420円
前と後ろでプリントがつながっているデザインがユニーク。親子ペアで♪

じんたちんすこう 大972円 / 小486円
ジンベエザメの形のちんすこう。個包装なのでバラマキみやげに最適

美ら海水族館ブーブーぬいぐるみ(チンアナゴ、ニシキアナゴ) 各1,100円
人気が高いチンアナゴ、ニシキアナゴのぬいぐるみ

まだまだある!海洋博公園内の見どころ

海洋博公園内には、抜群の透明度を誇るビーチをはじめ、南国の花があふれる熱帯ドリームセンターなど充実した施設がたくさんあります。美ら海水族館と一緒に、時間が許す限り楽しんじゃいましょう!

エメラルドビーチ

環境省の「快水浴場百選」に認定され、真っ白なコーラルサンドとエメラルドグリーンの海のコントラストが美しいビーチ。遠くに伊江島を望み、眺望も抜群。

エメラルドビーチ

エメラルドビーチ

住所
沖縄県本部町石川424 国営沖縄記念公園内
交通
那覇空港からやんばる急行バス運天港行きなどで2時間20分~3時間、記念公園前下車、徒歩20分
営業期間
通年(遊泳は4~10月、散策のみは3~9月)
営業時間
8:30~19:00(10月~翌2月は~17:30)
休業日
無休、12月は第1水曜とその翌日
料金
入場(遊泳)料=無料/3点セット(パラソル1本、ベッド2脚)=1030円/コインロッカー=100円/

おきなわ郷土村

代表的な沖縄の村落の様子を再現。8棟ある民家のうち「地頭代の家」では、三線や伝統的な踊りが体験できるので気軽に体験してみよう。

昔のおきなわ生活体験 毎日10:00~16:00(15:30 三線体験 受付終了)

おきなわ郷土村

総合休憩所(美ら海プラザ)

休憩スペースがあるほか、マッコウクジラの骨格標本やメガマウスザメの標本などを展示。海の生き物について紹介するコーナーもある。

総合休憩所(美ら海プラザ)

熱帯ドリームセンター

常時2000株以上のランを展示している3つの温室がある。温室内ではランのほかにも熱帯・亜熱帯の花々が咲き、トロピカルフルーツも実る。また、まるで古代遺跡のような異国情緒あふれる館内を散策するのも◎。

熱帯ドリームセンター

海洋文化館

沖縄を含む太平洋地域における海洋民族の歴史や文化を紹介。大型カヌーなど約750点の貴重な展示資料や太平洋を描いた床地図などを見ることができる。

海洋文化館

一緒に巡りたい!沖縄美ら海水族館の周辺観光スポット

実は美ら海水族館がある海洋博公園周辺は、大人も子どもも楽しめる人気No.1観光エリア。本島有数の絶景スポットやグルメ街道も!
水族館と合わせて巡りたいスポットをご紹介!

古宇利大橋

古宇利大橋

見渡す限りの海が広がる絶景ロード

屋我地島と古宇利島とを結ぶ1960mの離島架橋。青く澄んだ海の上をまっすぐに延びる橋は最高のドライブコース。橋の下の海は透明度が高く、日が当たるとエメラルドグリーンにキラキラと輝く。通行無料。

古宇利大橋

住所
沖縄県今帰仁村古宇利
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で22km
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木

沖縄の家を守り続ける防風林

フクギは防風林として古くから活用されてきたが、ここ備瀬集落のスケールは類を見ない。樹齢約300年というフクギ約2万本が細い路地にまで立ち並び、緑の迷路を作っている。

備瀬のフクギ並木

住所
沖縄県本部町備瀬
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58・449号、県道114号を備瀬崎方面へ車で28km
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

本部そば街道

本部そば街道
本部そば街道の老舗「きしもと食堂」のそば

沖縄そばの激戦区

本部町渡久地と名護市を結ぶ県道84号は、沿道に20軒以上の沖縄そば店が並ぶ。現在では本部町全域が「本部そば街道」と呼ばれ、沖縄の名所として有名に!

 

文・まっぷるトラベルガイド編集部
写真・昭文社/沖縄美ら海水族館

 

その他の沖縄関連記事

》》沖縄北部の観光についてもっと知りたい

》》沖縄本島のエリア別・おすすめ観光スポットが知りたい

》》沖縄観光の基本を旅行計画の前に知っておきたい、

》》沖縄旅行にかかる費用が知りたい

》》沖縄旅行に必要な持ち物が知りたい

》》沖縄のおすすめホテルが知りたい(Fish&Tipsのサイトへ移動)

絶対失敗しない!【沖縄 ホテル選び】おすすめ人気リゾートホテルランキング! – 2020年版

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×