>  >  > 

②大分タウン・佐伯・臼杵エリア

近年賑わいを見せる話題のエリア

大分県最大の都市。戦国大名の大友宗麟が君臨した地として、大分城址公園や府内城跡などが残るいっぽう、大分駅周辺には近代的なシティホテルや美術館、おしゃれなカフェが建つ。

まずはここへ!大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

セイウチやイルカ、ペンギンなどキュートな海の動物たちとふれあえる水族館。トレーナーと息の合ったショーが見もの。

まずはここへ!大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

大人気のイルカのパフォーマンス

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

住所
大分県大分市大分県大分市大字神崎 字ウト3078-22
交通
JR大分駅から大分交通別府方面行きバスで20分 高崎山下車すぐ/別府駅から車で10分
料金
高校生以上=2300円、小・中学生=1150円、4才以上=750円(3歳以下無料、シニア割引き、障がい者手帳提示で割引きあり)

こちらも行きたい!「大分県立美術館OPAM」

世界的建築家、坂 茂氏の設計による印象的な外観が特徴。気軽に立ち寄れるフリースペースにもアート作品が多数ある。

こちらも行きたい!「大分県立美術館OPAM」

大分県立美術館OPAMの外観

大分県立美術館(OPAM)

住所
大分県大分市寿町2-1
交通
JR大分駅から徒歩15分
料金
コレクション展観覧料=大人300円、高・大学生200円、中学生以下無料、企画展は別料金/(20名以上の団体は大人250円、高・大学生150円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

▼大分タウンのおすすめスポット「国立公園高崎山自然動物園」

▼大分タウンのおすすめスポット「国立公園高崎山自然動物園」

約1400頭の群れが暮らす野生ザルの楽園

およそ1400頭のニホンザルがBとCの群れに分かれ、エサを食べに山から下りてくる。むじゃきに遊ぶ子ザルや、毛づくろいやひなたぼっこをする親ザルまで、個性的なサルたちそれぞれの行動や表情が楽しい。広場には生態に詳しいガイドが常駐している。

国立公園高崎山自然動物園

住所
大分県大分市神崎3098-1
交通
JR大分駅から大分交通別府方面行きバスで20分、高崎山下車すぐ
料金
入園料=大人520円、小・中学生260円/もんちゃん焼き=670円/海じおソフトクリーム=350円/サルのぬいぐるみ=870円/さるっこレール(モノレール、往復)=110円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名まで入園料、モノレール無料)

▼大分タウンのおすすめスポット「JRおおいたシティ」

▼大分タウンのおすすめスポット「JRおおいたシティ」

大分市中心部のランドマーク

大分市中心部のランドマークである「JRおおいたシティ」は、約230店舗が入る大型商業施設「アミュプラザおおいた」とホテル、シティスパてんくうの複合ビル。ファッション・雑貨・フード・居酒屋・映画館など様々。

JRおおいたシティ

住所
大分県大分市要町1-14
交通
JR大分駅からすぐ
料金
施設により異なる

▼関あじ関さばを食べるなら「あまべの郷 関あじ関さば館」

▼関あじ関さばを食べるなら「あまべの郷 関あじ関さば館」

濃厚な脂のうまみを堪能

注文後に捌く新鮮な地魚をふんだんに使った海鮮丼が名物。関アジや関サバの造りは半身から持ち帰り可能だ。1階にある物産館では、関アジ、関サバの加工品を販売している。

あまべの郷 関あじ関さば館

住所
大分県大分市白木949
交通
JR日豊本線幸崎駅からタクシーで12分
料金
関の海鮮丼=1296円/豊後の天丼=1296円/関さば御膳=3024円/関さば姿造り=3456円/

▼カフェで一休みするなら「cafe giraffe」

▼カフェで一休みするなら「cafe giraffe」

北村直登さんの作品が目を引くカフェ

北村直登氏をはじめ、大分在住の作家の作品を販売する。そのほか、ランチメニューも充実していてリピーター率が高く、女性1人でも入りやすい。

cafe giraffe

住所
大分県大分市府内町2丁目2-1名店ビル 1階
交通
JR大分駅から徒歩10分
料金
カプチーノとアップルパイのバニラアイス添えセット=920円/北村直登オリジナルフレーム=2808円~/

こちらも行きたい!佐伯

晴れた日は四国まで望む青い海に面した町。シーサイドドライブや名物の海鮮丼を求めて県内外から訪れる。

こちらも行きたい!佐伯

海沿いの国道を爽快ドライブ

▼佐伯エリアのおすすめスポット「錦寿司」

▼佐伯エリアのおすすめスポット「錦寿司」

シャリからあふれる巨大ネタに大満足

一貫に三貫分ほどの大ぶりのネタがのる寿司が名物。おまかせセットには20cmもあるイカ、車エビ、ウニなど10種が並ぶ。とくに6月から10月が旬の車エビは甘みが強く、プリプリの食感で絶品。

錦寿司

住所
大分県佐伯市日の出町1-6
交通
JR日豊本線佐伯駅から徒歩5分
料金
おまかせセット=2800円/にぎり=1200円/ちらし=1200円/トレンディ卵A=1000円/鯛ハム寿司=1000円/

大分タウンと一緒に行きたい!臼杵

平安〜鎌倉時代に造られたという石仏群や江戸時代に栄えた城下町が残るエリア。白壁の町の散策が楽しめる。

大分タウンと一緒に行きたい!臼杵

国宝臼杵石仏

▼臼杵エリアのおすすめスポット「臼杵石仏」

▼臼杵エリアのおすすめスポット「臼杵石仏」

岩肌に刻まれた石仏群

深田の山肌に彫られた磨崖仏群。ホキ石仏第一群・第二群、山王山石仏、古園石仏の4群に大別される。平安時代後期から鎌倉時代にかけての作と推定され、59体は国宝に指定されている。

臼杵石仏

住所
大分県臼杵市深田804-1
交通
JR日豊本線臼杵駅から大分県庁前行きまたは三重行きバスで20分、臼杵石仏下車すぐ
料金
入場料=大人550円、小・中学生270円/稲葉家下屋敷・野上弥生子文学記念館・吉丸一昌記念館との共通券=大人1140円、小・中学生560円/稲葉家下屋敷との共通券=大人710円、小・中学生350円/(障がい者は大人260円、小人130円)

③くじゅう 長湯温泉 竹田 豊後大野エリア

九州随一の絶景ドライブルート

くじゅう高原を走るやまなみハイウェイが、ドライブコースとして人気。全長、高さともに九州一の大吊橋をはじめ、花公園や牧場など、自然の魅力がいっぱい。

ココ行っとこ!長湯温泉

炭酸泉が湧く長湯。肌にまとわりつく気泡は美肌の湯として人気を博す。竹田まで足を伸ばせば城下町散策も楽しめる。

ココ行っとこ!長湯温泉

シュワシュワの湯を実感!大丸旅館外湯 ラムネ温泉館

長湯温泉

住所
大分県竹田市直入町長湯
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から大野竹田バス久住経由直入支所行きで50分、長湯下車すぐ
料金
情報なし

ココ行っとこ!長者原

真っ直ぐに延びる道と、噴煙を上げる山が爽快な気分にさせてくれる長者原。近くには散策を楽しめる施設もある。

ココ行っとこ!長者原

くじゅうドライブのハイライト長者原

長者原

住所
大分県玖珠郡九重町田野長者原
交通
JR久大本線豊後中村駅から日田バス九重登山口行きで50分、終点下車すぐ
料金
情報なし

コレ知っとこ!高速の通行止めが多い

大分自動車道は標高が高い場所にあり、湯布院ICから大分ICの間は霧が発生しやすく、年間で200時間以上も通行止めになる。旅の前には天気やハイウェイ情報のチェックを忘れずに。

▼おすすめスポット「九重“夢”大吊橋」

▼おすすめスポット「九重“夢”大吊橋」

雄大な吊り橋からくじゅうの絶景を楽しむ

全長390m、日本一の高さ173mを誇る歩行者専用吊橋。標高777mの橋上からは震動の滝をはじめ、鳴子川渓谷が一望できる。10月下旬から11月上旬ごろには紅葉が見られる。

九重“夢”大吊橋

住所
大分県玖珠郡九重町田野1208
交通
JR久大本線豊後中村駅から九重町コミュニティバス九重登山口行きで25分、大吊橋中村口下車、徒歩3分
料金
中学生以上500円、小学生200円、乳幼児無料(30名以上の団体の場合は中学生以上450円、小学生180円)

▼おすすめスポット「原尻の滝」

▼おすすめスポット「原尻の滝」

「東洋のナイアガラ」の異名をもつ滝

緒方平野の真ん中を流れる緒方川が、急に滑り落ちるように落下してできた滝。幅120m、高さ20mで、日本の滝百選に選ばれている名瀑。正面に架かる吊り橋がビューポイント。

原尻の滝

住所
大分県豊後大野市緒方町原尻
交通
JR豊肥本線緒方駅からタクシーで5分
料金
情報なし

▼おすすめスポット「くじゅう花公園」

▼おすすめスポット「くじゅう花公園」

丘一面に咲き誇るカラフルな花々

久住高原の丘に広がる約22万平方メートルの花畑。春はチューリップやポピー、夏はラベンダー、秋は100万本のコスモスが観賞できる。敷地内には体験工房やショップなどの施設がある。

くじゅう花公園

住所
大分県竹田市久住町久住4050
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から大野竹田バス久住経由直入支所行きで20分、久住支所前下車、タクシーで10分
料金
入園料=1300円/ラベンダーソフトクリーム=350円/

▼おすすめスポット「国立公園九重やまなみ牧場」

▼おすすめスポット「国立公園九重やまなみ牧場」

大自然の恵みから「おいしい」「たのしい」を伝える

動物とのふれあいがテーマの観光牧場。約12万平方メートルの敷地内では、柵のすぐそばに、ヒツジやウサギなどを放し飼いにしている。レストラン、パン工房、体験館などもある。

国立公園九重やまなみ牧場

住所
大分県玖珠郡九重町田野1681-14
交通
JR久大本線豊後中村駅から日田バス九重登山口行きで25分、飯田高原局前下車、徒歩20分
料金
入場料=無料/ヒツジ・カモのえさやり(1袋)=100円/パン作り体験(1名、10:30~と13:00~、10名以上要予約)=800円/バター作り体験(要予約)=500円/温泉館入浴料=大人500円、小学生200円/やまなみ丼=1350円/

④日田 天ケ瀬温泉 玖珠・耶馬溪エリア

城下町の風情が残る天領の町

江戸時代、幕府の直轄地として栄えた日田には、明治期の商家や土蔵などが残る。5月下旬~10月末まで見学できる三隈川の鵜飼は日田の名物だ。

ココ行っとこ!豆田町

古い町並みに商家が残る町。石畳のメインストリートには日田下駄や漆器など日田に伝わる工芸品のショップがある。

ココ行っとこ!豆田町

2月中旬~3月末に豆田町や隈町の旧家や資料館でひな人形などを公開する

豆田町

住所
大分県日田市豆田町
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
情報なし

ココ行っとこ!天ヶ瀬温泉

玖珠川沿いにある開放感たっぷりの露天風呂が名物の温泉地。近くには高塚愛宕地蔵尊もある。

ココ行っとこ!天ヶ瀬温泉

河畔に湧く温泉の薬師湯

天ヶ瀬温泉

住所
大分県日田市天瀬町湯山、桜竹ほか
交通
JR久大本線天ケ瀬駅から徒歩5分、ほか
料金
情報なし

ココ行っとこ!耶馬溪

ココ行っとこ!耶馬溪

日本三大奇景のひとつに数えられる渓谷

山国川上流部、渓流沿いに奇岩や秀峰の素晴らしい景観が広がる耶馬溪。青の洞門や競秀峰など見どころも多く、紅葉の名所として有名。さらに深耶馬溪、奥耶馬溪へと続く。

耶馬溪

住所
大分県中津市耶馬溪町
交通
JR日豊本線中津駅から大交北部バス柿坂行きで45分、終点下車、徒歩15分
料金
情報なし

▼おすすめスポット「伐株山」

▼おすすめスポット「伐株山」

玖珠町を代表するメサ。登山口から頂上まで約1時間

玖珠盆地には、メサと呼ばれる台地地形の山々が連なる。標高685mの伐株山は、玖珠町を代表するメサだ。登山口から頂上まで約1時間。パラグライダーなどの出発地でもある。

伐株山

住所
大分県玖珠郡玖珠町山田
交通
JR久大本線豊後森駅からタクシーで15分
料金
情報なし

▼郷土料理を食べるなら「銀寿し」

▼郷土料理を食べるなら「銀寿し」

ご当地グルメ「ひたん寿司」が食べられる

日田発祥のたか菜巻を中心としたご当地グルメ「ひたん寿司」が食べられる店。山海の幸が彩る「天領華やか御膳」は目にも舌にもうれしい一皿だ。デザートの手製小豆ゼリーも上品で美味。

銀寿し

住所
大分県日田市三本松1丁目12-40
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
天領華やか御膳=1500円/

⑤由布院・塚原高原・湯平温泉エリア

自然色豊かな憧れの温泉リゾート

田畑が広がる盆地に有名旅館が点在し、温泉リゾートとしてにぎわう。中心部の湯の坪街道には、みやげもの屋や飲食店が軒を連ね、散策やショッピングを楽しめる。

》》由布院の関連記事
大分【由布院】ってこんなところ!憧れの温泉リゾートへ
【由布院】泊まってみたい!おすすめ温泉宿!
【由布院】憧れの御三家宿へ!宿泊しなくても楽しめるポイント紹介
【由布院】メイン通り散歩!おすすめスポット!
【由布院】テーマ別おすすめ特選宿
【由布院】おすすめグルメみやげをチェック!

ココ行っとこ!絶景が自慢の露天風呂

由布院には、宿泊はもちろん日帰りでも絶景露天風呂や豪華な食事を味わえる宿がある。憧れの温泉リゾートを満喫しよう。

ココ行っとこ!絶景が自慢の露天風呂

柚富の郷 彩岳館の露天風呂

ココ行っとこ!湯の坪街道

白滝橋から金鱗湖まで続く約1kmのメインストリート。道の両側にさまざまなジャンルの店が連なり、観光客でにぎわう。

ココ行っとこ!湯の坪街道

通りの奥には名峰由布岳がそびえる

ココ行っとこ!湯の坪街道

湯の坪街道では食べ歩きグルメが充実している

湯の坪街道

住所
大分県由布市大分県由布市湯布院町川上
交通
JR久大本線由布院駅から徒歩5分
料金
店舗によって異なる

ココ行っとこ!塚原高原

標高約650mに広がる塚原高原は、四季の彩豊かで、ペンションやレストラン、ギャラリーなどが点在する。

ココ行っとこ!塚原高原

さわやかな風が吹き抜ける高原エリア

▼おすすめスポット「金鱗湖」

▼おすすめスポット「金鱗湖」

由布院の四季を映し出すランドマーク

湯の坪街道の終点に現れる湖。一年を通して水温が13~15度のため、冬に水をさわると温かく感じる不思議な湖。秋の冷えこんだ日の早朝に霧が現れることでも有名で、周りを囲む木々も四季折々の表情を見せる。

金鱗湖

住所
大分県由布市湯布院町川上1561-1
交通
JR久大本線由布院駅から徒歩20分
料金
情報なし

ココ行っとこ!湯平温泉

「由布院の奥座敷」と呼ばれる湯平温泉は、谷間にある閑静な温泉街。石畳の道沿いに共同浴場がいくつもある。

ココ行っとこ!湯平温泉

共同浴場の中の湯

湯平温泉

住所
大分県由布市湯布院町湯平
交通
JR久大本線湯平駅からタクシーで10分
料金
情報なし

▼おすすめスポット「ゆふいん山水館(日帰り入浴)」

▼おすすめスポット「ゆふいん山水館(日帰り入浴)」

趣向を凝らした大浴場と地場産料理

由布院温泉最大規模の宿。1階は「ゆふの湯」、2階は「あさぎりの湯」の名がつく。1階の「杜のサウナ」やあさぎりの湯の露天風呂は、由布岳の眺めのよさが特色。

ゆふいん山水館(日帰り入浴)

住所
大分県由布市湯布院町川南108-1
交通
JR久大本線由布院駅から徒歩8分
料金
入浴料(大人のみフェイスタオル付)=大人700円、小人(4歳~小学生)400円/バイキングプラン(要予約)=大人1650円、小人990円/和食プラン(4日前までに要予約)=3300円~/

▼由布院名物といえば「観光辻馬車」

▼由布院名物といえば「観光辻馬車」

パッカパッカと音を立て、町中をのんびりめぐる

小型の客車を馬が引いて、ガイドの案内で駅周辺の観光ポイントをめぐってくれる。コースは由布院駅から佛山寺、宇奈岐日女神社に立ち寄り、由布院駅に戻る約4km。所要約50分で定員は9名と10名。

観光辻馬車

住所
大分県由布市大分県由布市湯布院町川北8-2 JR由布院駅構内(受付)
交通
JR久大本線由布院駅からすぐ
料金
中学生以上=1800円、4歳以上=1300円※4歳未満でお席が必要な場合は子供料金適用

▼由布院野菜を食べるなら「日本料理 山椒郎」

由布院野菜をブランドに仕立てた料理人の店

ゆふいん料理研究会代表の新江憲一氏が営む。未来に残せる日本料理を作り続けたいという思いで、野菜の本当の味、おいしさを常に研究し提供している。完全オーダーで作られた皿や器にも注目だ。

日本料理 山椒郎

住所
大分県由布市湯布院町川上田中2850-5
交通
JR久大本線由布院駅から徒歩10分
料金
合わせ箱(山、海)=各2160円/豊後牛ステーキランチ=3240円/

▼湖のほとりでのんびりするなら「カフェ・ラ・リューシュ」

▼湖のほとりでのんびりするなら「カフェ・ラ・リューシュ」

湖畔のテラス席で優雅なティータイム

金鱗湖に面し、湖を一望するテラス席が特等席として人気を集める。カフェタイムは自家製ケーキやスコーンなどがあり、大分県産の苺を使用した季節限定のいちごとチーズケーキのパフェは毎年人気。

カフェ ラ リューシュ

住所
大分県由布市湯布院町川上岳本1592-1
交通
JR久大本線由布院駅から徒歩20分
料金
モーニングプレート=1430円/豊後牛と自家製ベーコンのバーガー=1815円/カボス錦玉羹と琥珀糖のyufuinハーブソーダ=605円/

▼食べ歩きするなら「由布院 Milch」

▼食べ歩きするなら「由布院 Milch」

由布院ミルクメイドのスイーツ

由布院産の牛乳を使ったスイーツがそろう。ケーゼクーヘンは、ふわふわしたスフレ生地と、しっとりしたスポンジの2層からなるチーズケーキ。焼きたてと冷たいタイプがある。

由布院 Milch

住所
大分県由布市湯布院町川上3015-1
交通
JR久大本線由布院駅から徒歩10分
料金
ケーゼクーヘン=120円/ミルヒプディング=300円(1個)、1800円(6個)/ダブルケーゼ=1400円/

▼ランチするなら「原っぱカフェ」

▼ランチするなら「原っぱカフェ」

食べた量や満足度に応じて客が値段を決めるランチ

地元のNPOが営む、地域のコミュニティ作りがコンセプトのカフェ。合鴨農法で作った米や地元産の野菜など、素材の味をいかした家庭料理のビュッフェ食堂。支払いは食べた量や満足度に応じて客が決めるドネーション(寄付)方式。

原っぱカフェ

住所
大分県由布市湯布院町川上1525-12
交通
JR久大本線由布院駅から徒歩10分
料金
要問合せ

⑥国東半島・宇佐・豊後高田・中津・杵築エリア

歴史を感じさせる幽玄な石像美術

六郷満山と呼ばれる仏教文化が開花した地。神仏習合の舞台でもあり、今も多くの社寺が残る。岩壁に彫られた磨崖仏や苔むした仏像など見どころ満載。

》》国東半島の関連記事

大分【国東半島】仏の里「六郷満山」の歴史にふれる旅
大分【国東半島】開運とアート&恋愛成就の旅

ココ行っとこ!宇佐神宮

大分最大のパワースポットであり、国東半島の仏教文化の原点でもある。広い境内には見どころが点在。

ココ行っとこ!宇佐神宮

朱色の華麗な本殿

宇佐神宮

住所
大分県宇佐市南宇佐2859
交通
JR日豊本線宇佐駅から大交北部バス中津行きで9分、宇佐八幡下車すぐ
料金
夢叶守=800円/むすびまもり=800円/宇佐八幡宮御守=800円/

ココ行っとこ!豊後高田

古き良き昭和期を思わせる町並みが魅力。長さ550mほどの商店街に、レトロ感満載な店が軒を連ねる。

ココ行っとこ!豊後高田

アニメの人形や面、ポスターなどもある

ここ行っとこ!中津

黒田官兵衛が築いた中津城の城下町として栄え、今も寺院や石垣がそのままの姿で残存している。

ここ行っとこ!中津

日本三大水城のひとつに数えられる中津城

中津城(奧平家歴史資料館)

住所
大分県中津市二ノ丁本丸
交通
JR日豊本線中津駅から徒歩15分
料金
入館料=大人400円、小・中学生200円/(20名以上の団体は割引あり、77歳以上、障がい者は手帳持参で無料)

ココ行っとこ!杵築

「着物が似合う城下町」をテーマにまちづくりを行っている。江戸時代にタイムスリップしたような姿が残る。

ココ行っとこ!杵築

急勾配の石畳がのびる酢屋の坂

酢屋の坂

住所
大分県杵築市杵築
交通
JR日豊本線杵築駅から国東観光バス杵築バスターミナル行きで10分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

▼おすすめスポット「文殊仙寺」

▼おすすめスポット「文殊仙寺」

護摩祈願で評判の知恵の神様

大化4(648)年に開山した智恵の仏・日本三文殊のひとつ。奥の院に安置した文殊菩薩は、12年に一度公開される秘仏。奥の院の裏手にある岩窟には、知恵が授かるといわれる泉が湧き出ている。宿坊体験では座禅や写経、行者歩きなどに挑戦できる。

文殊仙寺

住所
大分県国東市国東町大恩寺2432
交通
JR日豊本線杵築駅から国東観光バス杵築バスターミナル行きで10分、終点で大分交通国東行きバスに乗り換えて1時間、終点下車、タクシーで20分
料金
宿坊体験(1泊2食付、要予約)=18000円/日帰り精進料理付(要予約)=3000円~/精進料理(要予約)=2000円~/座禅=1000円/写経=1000円/

▼おすすめスポット「両子寺」

▼おすすめスポット「両子寺」

力みなぎる仁王像が寺を守る

国東半島の最高峰、標高721mの両子山中腹にある天台宗別格本山。参道の入り口には半島最大の仁王石像が立ち、奥の院には十一面千手千眼観音と両子大権現を祀っている。子宝や安産、厄除けにご利益があるとされ、六郷満山の総持院としても名高い。秋は紅葉が境内一面を紅く染める。

両子寺

住所
大分県国東市安岐町両子1548
交通
JR日豊本線杵築駅または宇佐駅からタクシーで40分
料金
大人(高校生以上)300円、中学生200円、小学生100円

▼おすすめスポット「九州自然動物公園アフリカンサファリ」

▼おすすめスポット「九州自然動物公園アフリカンサファリ」

草原に広がる野生の王国

安心院の草原に約70種1400頭もの動物が自然に近い状態で暮らしている。ゾウ、キリン、ライオンなどが生息する動物ゾーンはマイカーやジャングルバスに乗って見学する。

九州自然動物公園アフリカンサファリ

住所
大分県宇佐市安心院町南畑2-1755-1
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バスサファリ行きで50分、終点下車すぐ
料金
入園料=大人(高校生以上)2600円、小人(4歳~中学生)1500円/ジャングルバス=大人1100円、小人900円/乗用車用ガイドDVD=600円/

▼おすすめスポット「豊後高田 昭和ロマン蔵」

▼おすすめスポット「豊後高田 昭和ロマン蔵」

昭和のグッズがたくさん

昭和初期の米蔵を改装し、昭和の夢町三丁目館、駄菓子屋の夢博物館、旬彩南蔵からなる施設。敷地内にはレトロカーの展示や案内所もある。

豊後高田 昭和ロマン蔵

住所
大分県豊後高田市新町989-1
交通
JR日豊本線宇佐駅から大交北部バス豊後高田行きで10分、終点下車すぐ
料金
駄菓子屋の夢博物館・昭和の夢町三丁目館の共通入館料=大人620円、小・中・高校生430円/(20名以上は団体割引あり)
1 2

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください