>  >  >  沖縄観光なら!エリア別・おすすめ観光スポット!旅行前に知りたい基本情報も

沖縄観光なら!エリア別・おすすめ観光スポット!旅行前に知りたい基本情報も

目次

  • 沖縄旅Q&A
  • 各エリアの特徴とおすすめスポット
  •  南部・斎場御嶽エリア
  •  中部・美浜アメリカンビレッジエリア
  •  西海岸リゾートエリア
  •  沖縄美ら海水族館周辺
  •  やんばるエリア
  •  慶良間諸島・久米島エリア

やんばるエリア

国立公園となった亜熱帯の森が広がる
「やんばる国立公園」に指定された沖縄本島の北部エリア。山がちな地形から山原と呼ばれ、緑豊かな森にはヤンバルクイナやノグチゲラなどの希少な固有種が生息。

おすすめスポット
★辺戸岬
★やんばる学びの森
★比地大滝

●那覇空港~辺戸岬
車で約3時間30分(136km)

やんばるエリア
やんばるエリア

道の駅ゆいゆい国頭の名物クニガミドーナツ

やんばるエリア

やんばる学びの森で森林浴

大石林山

大石林山

琉球神話の杜に広がる自然と対話する場所

遙か昔から聖なる地と伝えられる大石林山。2億年の歳月を経て姿を現した奇岩巨石が林立する絶景が広がる。本格的なトレッキングが気軽に楽しめる4つのコースあり。ガイドと巡るパワースポットガイドツアーが人気。

大石林山

住所
沖縄県国頭村宜名真1241
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で56km
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉園18:00)、10~翌3月は~16:00(閉園17:30)
休業日
無休
料金
大人(高校生以上)820円、小人(4歳~中学生)520円

辺戸岬

辺戸岬

沖縄本島最北端の岬から海を望む

隆起サンゴ礁の断崖絶壁から、かなたに与論島を望む景勝地。岬の先端は、かつて本土復帰を願ってのろしを上げた場所で、歴史を刻んだ祖国復帰の碑が立てられている。

辺戸岬

住所
沖縄県国頭村辺戸
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で59km
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

やんばる自然塾

やんばる自然塾

やんばるの自然を体感

沖縄本島随一のマングローブが広がる慶佐次川。満潮時にはカヌーを楽しみながらやんばるの豊かな自然を体感するツアーを開催。干潮時にはトレッキングツアーを行う。

やんばる自然塾

住所
沖縄県東村慶佐次82
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道14号、国道331号を慶佐次方面へ車で31km
営業期間
通年
営業時間
予約制(受付は8:30~18:00、前日まで)
休業日
無休(1月1日休)
料金
慶佐次川マングローブカヌー(カヌーレンタル料込、前日までの予約制)=4000円(約2時間、3歳以上)、6000円(約3時間、5歳以上)/マングローブトレッキング(約1時間、前日までの予約制)=2000円/マングローブカヌー&やんばるの森トレッキング(約8時間、カヌーレンタル料、昼食込、前日までの予約制、10歳以上)=12000円/(ガイド料・保険料込、ツアーの最小催行人数は2名、1名のみの場合は追加料金3000円)

ヒロ・コーヒーファーム沖縄

ヒロ・コーヒーファーム沖縄

鮮度が高い国産のコーヒー豆

台風被害の休業を経て、平成25(2013)年4月に再開。現在、農園で栽培したコーヒー豆の販売の代わりに、自家焙煎したブラジル豆を販売。新鮮卵を使ったお手製デザートとコーヒーをぜひ。

ヒロ・コーヒーファーム沖縄

住所
沖縄県東村高江85-25
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58・331号、県道70号を東方面へ車で44km
営業期間
通年
営業時間
12:00~17:30頃(閉店)
休業日
火・水曜、祝日の場合は営業、台風時(畑作業と出店による臨時休あり、1月1日休)
料金
ミディアムロースト=650円(100g)/ストロングロースト=750円(100g)/コーヒー=450円~(セルフサービス)/コーヒーゼリー=400円/コーヒープリン=400円/

慶良間諸島・久米島エリア

グランブルーの海が出迎える南国の楽園
那覇から高速船や飛行機に乗って、日帰りで行ける離島が点在。浜の近くで色とりどりのサンゴを眺めたり、ウミガメに出会えたり。ホエールウォッチングは冬ならではのお楽しみ。

おすすめスポット
★古座間味ビーチ
★トカシクビーチ
★ハテの浜

●那覇空港~渡嘉敷島
高速船で約35分

慶良間諸島・久米島エリア

ザトウクジラに会えるのは冬だけ

慶良間諸島・久米島エリア

サンゴ礁に砂浜だけが浮かぶハテの浜

ハテの浜

ハテの浜

サンゴ礁が作り上げた砂州の小島

島の東方約7kmの沖合に浮かぶ砂州。真っ白な砂浜だけが広がり、その美しさは感動的。海は沖縄屈指の透明度を誇り、海水浴やシュノーケリングに最適。渡船には予約が必要。

ハテの浜

住所
沖縄県久米島町東奥武
交通
久米島空港から県道89号をイーフビーチ方面へ車で11km、泊フィッシャリーナから渡船で30分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
渡船代=3500円~/

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

集落の前に広がる極上ビーチ

渡嘉敷島の南西、阿波連集落の前にあるビーチ。約800mにわたり真っ白な砂浜が続く。海の透明度も抜群で、シュノーケリングに最適。有料でシャワー施設もある。

阿波連ビーチ

住所
沖縄県渡嘉敷村阿波連
交通
泊港からマリンライナーとかしきで35分、渡嘉敷港下船、県道186号などを阿波連方面へ車で5km
営業期間
7~9月(監視人配置期間)
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
温水シャワー=300円/

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

熱帯魚が待つシュノーケリングスポット

約800mにわたって続く真っ白な砂浜が美しい。熱帯魚が多く、シュノーケリングに最適。ビーチ南端のビーチハウスには、パーラーやマリンショップ、有料シャワーがある。

古座間味ビーチ

住所
沖縄県座間味村座間味
交通
座間味港から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
温水シャワー(夏期のみ)=300円/

座間味村ホエールウォッチング協会

座間味村ホエールウォッチング協会

冬の一大イベントホエールウォッチングに大興奮

冬になると慶良間近海に回遊してくるザトウクジラを、船上から見学するツアーが人気。シーズン中は島の展望台からクジラの居場所を確認するので、高い確率でクジラと会える。

座間味村ホエールウォッチング協会

住所
沖縄県座間味村座間味地先1
交通
座間味港からすぐ
営業期間
12月下旬~翌4月上旬
営業時間
予約制(受付は8:30~17:00、前日まで)
休業日
期間中無休
料金
ホエールウォッチング=大人5400円、小学生2700円/サンライズ及びサンセットウォッチング=大人6480円、小学生3240円/

Trattoria Bar 慶留間gnon

Trattoria Bar 慶留間gnon

滋味あふれるイタリアン

オーナーシェフが自身の畑で育てた野菜と島でとれた魚でつくる料理は評判の味。見た目も彩り鮮やかで、目で楽しむこともできる。ランチとディナーは、コース仕立てで予約制。

Trattoria Bar 慶留間gnon

住所
沖縄県座間味村慶留間54
交通
阿嘉港から車で17分
営業期間
通年
営業時間
12:00~17:00(L.O.)、ランチタイムは~14:00(L.O.、要予約)、19:00~22:00(L.O.、要予約)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休(臨時休あり)
料金
ランチ=1500円、2200円/慶留間ニンニクとすくガラスのぺペロンチーノ=850円/コース(夜)=3600円、5200円~/ 平均予算(昼):2000円, 平均予算(夜):5000円
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  > 
×