>  >  ガイドブック編集者が本気で選んだ!北海道の観光スポット&おみやげランキングベスト10

ガイドブック編集者が本気で選んだ!北海道の観光スポット&おみやげランキングベスト10

ガイドブック編集者が本気で選んだ!北海道の観光スポット&おみやげランキングベスト10

春夏秋冬を通じて人気の旅行先である北海道。九州全体よりもさらに広い北の大地には、スケールの大きな自然を肌で感じられるスポットや、海や山のめぐみをふんだんに取り入れたおみやげが揃っています。

今回は、長年にわたって北海道エリアの旅行ガイドブックを手がけてきた編集者が心からおすすめできる観光スポット&おみやげベスト10をピックアップ!北海道旅行のプランを決められないときに、ぜひ参考にしてください。

※本記事中には、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、臨時休業としている施設がございます。外出の際は各自治体の対応、および最新の情報を施設にご確認ください。

目次

  • この人に聞きました!
  • 北海道のおすすめ観光スポットランキング
  • 【10位】ニッカウヰスキー余市蒸留所【余市】
  • 【9位】ウポポイ【白老】
  • 【8位】六花の森【十勝】
  • 【7位】青い池【美瑛】
  • 【6位】安田侃彫刻美術館 アルテピアッツア美唄【美唄】
  • 【5位】流氷(砕氷船ガリンコ号)【紋別】
  • 【4位】小樽運河ナイトクルーズ【小樽】
  • 【3位】函館山山頂展望台【函館】
  • 【2位】礼文島トレッキング【礼文】
  • 【1位】シャチ(羅臼のネイチャークルーズ)【羅臼】
  • 北海道のおすすめおみやげランキング
  • 【10位】北見鈴木製菓株式会社の「プレミアムペパーミントクッキー」
  • 【9位】とみおかクリーニングLIFE LAB.の「木彫り熊キャンドル」
  • 【8位】東洋水産の「マルちゃんやきそば弁当」
  • 【7位】パティスリーコルネの「くじらすく」
  • 【6位】伊勢ファームの「江丹別の青いチーズ」
  • 【5位】ポテトファームの「じゃがポックル」
  • 【4位】カントリーホーム風景の「草原のヨーグルトでーでーぽっぽ」
  • 【3位】六花亭の「ひろびろ」
  • 【2位】美瑛選果の「びえいのコーンぱん」
  • 【1位】エゾアムプリン製造所の「エゾアムプリン」
  • まとめ:季節に合わせたスポット選びがポイント!大自然の中へ飛び込もう

この人に聞きました!

今回インタビューしたのは、こちらのまっぷるマガジン編集者です。

北海道担当編集M

編集歴8年、北海道エリア担当歴も8年。趣味が北海道パトロールになってしまうほど北海道の魅力に憑りつかれた編集者。好きなものは寿司・羊・アスパラ・かためプリン。グルメ本企画も得意で、プリン本のロケハンで食べたプリンの数は数えきれない。

 

気になる場所を見つけたら、週末に弾丸で北海道に行ってしまうほど、北海道への探求心が強い編集者M。

北海道にはまり、北海道の魅力を知り尽くしている彼女が自信を持っておすすめできるスポットを、今回特別に教えてもらいました。

北海道のおすすめ観光スポットランキング

まっぷる北海道の編集者が本気で選んだ、北海道のおすすめ観光スポットランキング。

プロの目によるおすすめスポットを、選定コメントとともに10位から順に紹介します。

【10位】ニッカウヰスキー余市蒸留所【余市】

【10位】ニッカウヰスキー余市蒸留所【余市】

NHKの朝ドラ「マッサン」の舞台になった場所で、スコットランドさながらの石造りの建造物が圧巻です。ウイスキーを熟成させる倉庫が、広い敷地に整然とならぶ様も、日本ではなかなか見られないものです。

無料ツアーで試飲ができるのも嬉しいポイント。スモークチーズを買って、それをおつまみにしつつウイスキーの割り方の違いを楽しめば、ちょっと大人になったようないい気分になってきます。余市駅から歩いていけるのも良いです。

【10位】ニッカウヰスキー余市蒸留所【余市】

ニッカウヰスキー余市蒸溜所(見学)

住所
北海道余市町黒川町7丁目6
交通
JR函館本線余市駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館、ガイド付見学の最終案内は15:30~)
休業日
無休(12月25日~翌1月7日休)
料金
無料

【9位】ウポポイ【白老】

【9位】ウポポイ【白老】
提供:(公財)アイヌ民族文化財団 ※本画像はイメージ図です

2020年に新しくオープンする施設ということで、大注目で楽しみなアイヌ文化復興等のナショナルセンター、ウポポイ(民族共生象徴空間)。漫画「ゴールデンカムイ」でも描かれた先住民族アイヌの世界を、もっと知りたいと思っている人におすすめしたいです。

特にアイヌ料理がどんな味なのか実際に食べて体験できるのはとても楽しみ。中核施設に国立博物館や国立公園などがあり、体験交流プログラムも豊富です。

駅からも近く、アクセスが良いのも魅力。ウポポイの開園時間に合わせて、JR白老駅に特急が停まるので、電車旅派にもおすすめです。

  • 住所:北海道白老町若草町2-3
  • 営業時間:9:00~18:00(土・日曜・祝日と7月20日~8月31日は~20:00)、11月~3月は~17:00
  • 休園日:月曜(祝休日の場合はその翌日以降の平日)、年末年始(12⽉29⽇〜1⽉3⽇)
  • 料金:大人1200円、高校生600円、中学生以下無料
  • 交通:JR白老駅から徒歩約10分

※2020年5月14日現在の情報です。

【9位】ウポポイ【白老】
提供:(公財)アイヌ民族文化財団

【8位】六花の森【十勝】

【8位】六花の森【十勝】

十勝ガーデン街道のひとつで、六花亭の包装紙の花が実際に咲いている庭園が素敵です。

坂本直行氏の原画が展示されている「花柄包装紙館」という建物は、六花亭の包装紙の柄が壁紙になっていて、そちらも可愛い空間でおすすめ。隣接するカフェでは、できたての生マルセイバターサンドなど六花亭の味も楽しめます。

空港から車で15分程度で行けるアクセスの良さもおすすめポイント。ただし冬季は閉園なので良い季節にどうぞ。

六花の森

住所
北海道中札内村常盤西3線249-6
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バス大樹・広尾行きで1時間、中札内小学校前下車、徒歩15分
営業期間
4月下旬~10月中旬
営業時間
10:00~17:00(6~8月は9:00~、9月25日~は~16:00)
休業日
期間中無休
料金
入園料=大人800円、小・中学生500円/

六花の森の花柄包装紙館

住所
北海道中札内村常盤西3線249-6 六花の森内

【7位】青い池【美瑛】

【7位】青い池【美瑛】
写真:123RF

絵の具を溶かしたような水色をしている青い池は、晴れていると輝くように青く、誰もが写真を撮りたくなる美しさです。

曇や小雨でもそれなりに青く見えるので、他の絶景スポットより見逃した感が少ないのも旅行者にとってはありがたいところ。池の周囲は白樺の散策道なので、青い水面を感じながらゆっくり池のほとりを歩くのもおすすめです。

冬は雪で池が埋まってしまうので、青い色を見るなら雪が降り始める頃までが良いです。

美瑛白金 青い池

住所
北海道美瑛町白金
交通
JR富良野線美瑛駅からタクシーで20分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(冬期の積雪時は見学不可)
休業日
無休
料金
情報なし

【6位】安田侃彫刻美術館 アルテピアッツア美唄【美唄】

【6位】安田侃彫刻美術館 アルテピアッツア美唄【美唄】

廃校となった小学校の木造校舎を利用した彫刻美術館で、ノスタルジックな雰囲気の素敵なスポットです。特に校舎の中の展示を見ていると、昔ながらのガラス窓から入る光や、そこから見える緑が妙にきれいに見えたりするから不思議です。

展示されているのはすべて地元美唄出身の安田侃の彫刻ですが、いろいろと難しいことを考えずに、緑に囲まれて、校庭だった場所を歩くだけでも、リフレッシュできるような魅力があります。

【6位】安田侃彫刻美術館 アルテピアッツア美唄【美唄】

安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

住所
北海道美唄市落合町栄町
交通
JR函館本線美唄駅から市民東線バスアルテピアッツァ美唄行きで東明通り経由32分(旭通り経由19分)、アルテピアッツァ美唄下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(カフェは10:00~)、11月中旬~3月中旬の平日は10:00~16:00
休業日
火曜、祝日の翌日、祝日の翌日が日曜の場合は開園(12月31日~翌1月5日休)
料金
無料、コンサートなどの一部イベントは別料金
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事に関連するタグ

エリア

 >  > 
×