フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関東 > 千葉県 >

印旛沼の堀割普請の挫折~資金と政治に翻弄された工事 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年12月8日

この記事をシェアしよう!

印旛沼の堀割普請の挫折~資金と政治に翻弄された工事

印旛沼は江戸時代に何度も堀割工事が行われながら、そのたびに頓挫しました。
この工事は何を目的とし、なぜ失敗に終わってしまったのでしょうか?

印旛沼の堀割工事が必要だった理由:利根川東遷事業の深刻な被害

利根川東遷事業は、江戸に多大な経済効果を生んだいっぽうで、新たに利根川下流域になった地域に対しては、深刻な被害をもたらすようになってしまいました。とくに深刻であったのが印旛沼(いんばぬま)です。

印旛沼は利根川とつなげられたことにより、利根川上流で大雨が降るたびに大量の水が流れ込み、周囲の村々では頻繁に水害が起こるようになったのです。

印旛沼からあふれた水は、平戸川(ひらとがわ)(現在の新川)や神崎川へ流れ、その際には普段とは水流が逆になりました。こうした逆流現象がたびたび起きたことから、八千代市には逆水(さかさみず)という地名が残っているほどです。

印旛沼の堀割工事は江戸時代に3度も実施された!

この水害を減らすには、とにかく印旛沼から東京湾(江戸湾)へと水を逃がす水路を開削する必要があります。そして水害を減らせれば、水害を想定して田畑をつくれなかった地域を耕作地として開発することもできるため、印旛沼の堀割(水路)をつくる工事は、実際に享保、天明、天保と、江戸時代に3度も実施されました。

【印旛沼の堀割工事①】享保の堀割工事

1724(享保9)年、8代将軍・徳川吉宗は享保の改革の一環として、民間での新田開発を奨励していました。この機に乗じて平戸村(八千代市)の名主・染谷源右衛門(そめやげんえもん)は印旛沼の新田開発を願い出て、平戸橋から検見川浦まで水路を開削する計画を立てました。源右衛門は私財をなげうって事業を行いましたが、ついに資金が尽き、工事は頓挫してしまうのでした。

【印旛沼の堀割工事②】天明の堀割工事

天明年間の堀割事業は、幕府老中・田沼意次(たぬまおきつぐ)の肝いりで開始されました。

惣深新田(そうふけしんでん)(印西市)の名主・香取平左衛門(かとりへいざえもん)と島田村(八千代市島田)の名主・信田治郎兵衛(しのだじろべえ)が開発人となって1782(天明2)年に着工したところ、翌年には浅間山が大噴火し、流出した火山灰で川底が上昇。工事は一時中止を余儀なくされました。

さらに折悪く、1786(天明6)年には関東一円が大豪雨に見舞われ、利根川は徳川幕府始まって以来という大氾濫を起こし、工事中の場所はことごとく破壊されてしまいます。

そして同年に田沼意次が失脚すると、開削工事は完全に見送られることになりました。

【印旛沼の堀割工事③】天保の堀割工事

天保期の開削は老中・水野忠邦が主導しました。1843(天保14)年、忠邦は沼津藩、庄内藩、鳥取藩、貝淵藩、秋月藩の5大名に普請の手伝い(と資金の供出)を命じました。しかし、同年に忠邦が失脚すると、やはり工事は未完成のまま中止に。

このように江戸時代に行われた堀割普請は、ことごとく失敗に終わったのです。

印旛沼が東京湾につながった!昭和の大開削事業

印旛沼の開削事業が本格的に実施されるのは、第二次世界大戦後の1947(昭和22)年まで待つことになります。

国が主導し、江戸時代とは異なり重機が導入されたものの、それでも平戸川と花見川をつなげるまでには20年以上の長い歳月を要しました。1966(昭和41)年には、平戸川と花見川の分水場である大和田(八千代市村上)に排水機場が設けられ、ようやく印旛沼は東京湾につながり水害の心配がなくなったのです。

染谷源右衛門が事業を興してから、じつに250年後に実現した工事でした。

印旛沼の開発前後の姿

印旛沼の開発前後の姿

印旛沼開発事業は、印旛沼放水路の開削と広大な干拓地の造成からなり、1969(昭和44)年に竣工。印旛沼は南北に分かれ、開発前(昭和20年頃=薄い水色部分)と現在(濃い水色部分)とでは形状が大きく変わりました。

『千葉のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。本書では千葉県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

●収録エリア:千葉県全域

【注目1】千葉の地質・地形を徹底分析

・市原市を流れる養老川河岸の露頭に約77万年前の地層チバニアン発見!
・恐竜時代の岩石がむき出しの見て楽しい銚子のジオ巡り
・火山がない県なのに鴨川に海底火山が流出?
・繰り返される巨大地震の爪痕・南房総に発達する海岸段丘
・鋸山の絶景をつくった「房州石」とはどんな石?

・・・などなど、千葉のダイナミックな自然の成り立ちを解説。

【注目2】古代から中世、江戸時代、近現代の千葉の歴史を一望

・ふたつの大型環状貝塚からなる巨大な加曾利貝塚の謎
・32基もの古墳がつくられた富津の内裏塚古墳群とは?
・鴨川市小湊がゆかりの地、高僧・日蓮の波乱に満ちた生涯
・坂東太郎の流れを変えた徳川家康の利根川東遷
・日本地図を完成させた佐原村の名主・伊能忠敬の素顔
・廃藩置県で26県もあった千葉県域をどうやって統一?

・・・などなど、千葉の歴史のポイントがわかる。

【注目3】千葉を駆け巡る鉄道網をはじめ、千葉で育まれた文化や産業を紹介

・民鉄最高速160キロでスカイライナーが走れる理由
・成田空港線の高架橋は成田新幹線の遺構だった
・登山鉄道も計画された小湊を目指した小湊鉄道
・かつて千葉市の中心駅は京成千葉駅だった!?

・・・などなど、千葉を走る鉄道網の秘密に迫る。

また、銚子港が水揚げ量日本一を誇る理由や明治期最先端の土木技術が光る海の要塞・第二海堡とは?、皐月賞や有馬記念の舞台として知られるJRA中山競馬場の誕生秘話・・・など、千葉県にまつわる文化・産業の面白話もたっぷりと紹介します。

『千葉のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関東 > 千葉県 >

この記事に関連するタグ