フリーワード検索

トップ > カルチャー >   > 神奈川県 >

相模トラフから分岐する断層の危険度は?国府津-松田断層帯など神奈川県西を走る断層は大地震を招く? 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年11月10日

この記事をシェアしよう!

相模トラフから分岐する断層の危険度は?国府津-松田断層帯など神奈川県西を走る断層は大地震を招く?

関東大震災は相模トラフ沿いで起きた大地震が発端でした。
その相模トラフから分岐する国府津-松田断層帯ほか、神奈川県西を走る断層は大地震を招くのでしょうか?

相模トラフとは?

相模トラフは、日本列島が乗っかっているプレートの下に、南からフィリピン海プレートが沈み込んでいる「プレートの境界線」です。相模湾から房総半島沖を通り、日本海溝へとつながるようにして、おおむね東西方向へと延びています。

このあたりはフィリピン海プレートだけではなく、ユーラシアプレート、北アメリカプレート、太平洋プレートも重なり合っている場所で、地下構造は非常に複雑です。

相模トラフと地震の関係~あの関東大震災も!

相模トラフ沿いではM(マグニチュード)7以上の大きな地震がたびたび発生し、関東を中心に大規模な被害をもたらしてきました。直近では「関東大震災」の名で知られる大正関東地震があります。

大正関東地震は、1923(大正12)年9月1日11時58分に発生。神奈川県西部から房総半島南東沖にかけた領域を震源とするM7.9の大地震で、大手町(東京都)や館山(千葉県)、熊谷(埼玉県)などで震度6(当時の基準)を観測するなど、広域で激しい揺れに見舞われました。ちょうどお昼時であったため市街地は大火に包まれ、沿岸部は大津波に襲われました。その高さは熱海(静岡県)で12mにも達したといいます。

相模トラフ沿いで起こる地震の確率

2019(平成31)年2月26日に国が発表した地震評価によると、相模トラフ沿いでは、2タイプの地震が想定されています。

まず「次の相模トラフ沿いのM8クラス(M7.9~M8.6)地震」が30年以内に発生する確率はほぼ0~6%。低いと思えるかもしれませんが、実際は、わが国のおもな活断層のなかで地震発生の確率が高いグループに属します。

そしてもうひとつ、「プレートの沈み込みに伴うM7程度(M6.7~M7.3)の地震」は、30年以内の発生確率が70%程度。いうまでもなく、高い数字となっています。

相模トラフをはしる断層帯

相模トラフの陸側延長線上付近には、いくつかの断層帯があります。

これらは従来、神縄(かんなわ)・国府津(こうづ) -松田断層帯としてまとめて扱われてきましたが、2019年発表の地震評価では、新しい知見に基づき、塩沢断層帯、平山-松田北断層帯、国府津-松田断層帯の3つの活断層に分けて評価を行うようになりました。

その際、神縄断層帯は、活断層ではないと判断されています。

相模トラフの各活断層のランク

3つの活断層のうち、塩沢断層帯はSランク(地震発生確率が高い)、平山-松田北断層帯はAランク(地震発生確率がやや高い)に位置づけられ、国府津-松田断層帯は、相模トラフから分岐する断層帯とされました。国府津-松田断層帯は単独で地震を起こすのではなく、相模トラフと同時に動くという見解で、その頻度は、相模トラフ沿いで発生するM8クラスの大地震の何回かに1回という割合です。

国土地理院色別標高図を基図にして地震調 査研究推進本部の公表資料を元に作成

相模トラフにある断層のずれで生じた地形

ちなみに、足柄平野と大磯丘陵のあいだには、国府津-松田断層がずれたときにできた崖が延びています。この崖ができたのは約25万年前と推定され、足柄平野のおよその形状もこの頃にできました。

『神奈川のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。
第1弾は神奈川県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

【注目1】神奈川の地質・地形を徹底分析

巨大カルデラを有する箱根火山のすごさ、三浦半島の最南端&城ケ島でわかる日本列島の魅力、かつて火山島だった丹沢山地、江の島ができる過程、天然の城塞都市・鎌倉の全貌など、神奈川のダイナミックな自然の成り立ちを解説。

【注目2】古代から中世、江戸時代、近現代の神奈川の歴史を一望

相模原にあった日本最古の住居遺跡、なぜ源頼朝は鎌倉に幕府を置いたのか、難攻不落を誇った小田原城と太閤一夜城の攻防、寒村に過ぎなかった横浜が開港の地になった理由、廃藩置県後4県あった神奈川はどうやってまとまったのかなど、神奈川の歴史のポイントがわかる。

【注目3】神奈川を駆け巡る鉄道網をはじめ、神奈川で育まれた文化や産業を紹介

箱根登山鉄道の実力をはじめ、幻の川崎市営地下鉄、小田急・京急・東急他私鉄各線のエピソード、廃線後も現存する横浜市電のトンネルなど、神奈川を走る鉄道網の秘密に迫る。また横須賀に造船所が作られ軍港になった理由や東京湾最大の自然島「猿島」に残る軍事遺産、相模川水系に築かれた3つのダムなど、神奈川を支える文化・産業のパワーを探る。

『神奈川のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >   > 神奈川県 >

この記事に関連するタグ