フリーワード検索

トップ > カルチャー >  関東 > 栃木県 >

宇都宮藩の幕末における苦悩~天皇陵特定が宇都宮藩の窮地を救った?~ 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月17日

この記事をシェアしよう!

宇都宮藩の幕末における苦悩~天皇陵特定が宇都宮藩の窮地を救った?~

幕末の頃、下野最大の譜代藩であった宇都宮藩は国替えの窮地に立たされていました。それを救ったのは意外にも、天皇・皇后の墓である「山稜」の修理・保全でした。

宇都宮藩は100年に渡り藩主が次々と交代した過去を持つ

16世紀末、400年22代にわたって宇都宮を治めてきた宇都宮氏は、豊臣秀吉により改易されます。以来、宇都宮はおよそ100年間、蒲生(がもう)、本多、松平、再び本多、阿部と藩主が次々に交代。1710(宝永(ほうえい)7)年、越後国高田から戸田忠真(ただざね)が移封され宇都宮藩主となりました。その後戸田家は1749(寛延2)年に一時的に肥前島原藩に転封となりますが、25年後の1774(安永3)年、再び宇都宮に戻されます。以来、明治維新まで、戸田家がこの地を治めることとなりました。

徳川幕府による支配がペリー来航によってほころび始める

一方、19世紀も後半になると、徳川幕府による支配は、少しずつほころびを見せ始めてきます。ペリー来航による開国をきっかけに、幕府による尊王攘夷派武士の弾圧である安政の大獄、それに対するカウンターとしての桜田門外の変などの政変が続き、日本国内は佐幕か倒幕かで大いに揺れました。

宇都宮藩は「坂下門外の変」によって立場が危ぶまれる

そんななか、1862(文久2)年に起こったのが坂下門外の変です。幕府の権威回復のため公武合体を進める老中・安藤信正を、江戸の坂下門外で攘夷派の志士が襲撃。桜田門外の変の井伊直弼とは異なり、安藤信正はからくも江戸城内へ逃げ込んで命を取り留めました。この襲撃事件を計画したのが、宇都宮藩主に学問を教える待講であった儒者・大橋訥庵(とつあん)とその義弟である菊池教中(きょうちゅう)らでした。この事件により宇都宮藩は、幕府から厳しい目を向けられ、最悪の場合、改易や取り潰しに追い込まれる可能性のある立場になってしまいます。

宇都宮藩の命運をかけた「山稜修補」

そこで、家老の間瀬忠至(ませただゆき)と県信緝(あがたのぶつぐ)が考え出した打開策が、「山稜修補(さんりょうしゅうほ)」です。これは、奈良や京都に点在し、荒れ果てあるいは耕作地とされていた古代の天皇・皇后などの墓である稜(みささぎ)を修復するという事業。朝廷や公武合体を進める幕府の評価を得ようという思惑によるものでした。そもそもは、宇都宮出身の学者である蒲生君平(くんぺい)が提唱した事業でしたが、幕府の財政難から行われていなかったのです。藩の命運をかけた山稜修補は、坂下門外の変が起こったその年から開始されました。80か所以上の山稜の場所を特定・修復し、鳥居を建てるなど、現在にまで至る陵墓の祀り方や管理の仕方などを確立。その活動は、朝廷からも幕府からも高く評価されるようになりました。

宇都宮藩は山稜修補によって救われる

ところが1864(元治元)年、今度は天狗党の乱が起こります。水戸藩内の過激な尊王攘夷派が筑波山で挙兵し、宇都宮から日光を目指しますが占拠はできず、栃木の太平山に滞陣。栃木宿で住民殺害や放火、強盗をしたうえで、常陸方面へ逃亡したのです。このとき、宇都宮藩の対処が天狗党に同情的だったことや、一部の宇都宮藩士が乱に参加していたことなどにより、宇都宮藩は藩主・戸田忠恕(ただゆき)の隠居謹慎、そして奥州への国替えを命じられてしまいます。しかし、この間も着々と山稜修補は進められていきました。結果として、これが幕府や朝廷の心証を和らげ、最終的に戸田家の国替えは中止となったのです。まさに山稜修補が、宇都宮藩を救ったといえるでしょう。

宇都宮藩を救った山稜修補事業の先覚者、蒲生君平

林子平(はやししへい)、高山彦九郎(ひこくろう)と並び、「寛政の三奇人」と呼ばれたのが、宇都宮出身の学者・蒲生君平です。宇都宮の燈油(とうゆ)商・福田屋に生まれた蒲生君平は、6歳から読み書きを学び、 鹿沼の儒者・鈴木石橋(せっきょう)や黒羽藩の家老・鈴木為蝶軒(いちょうけん)に師事。13歳の時に蒲生氏郷の子孫であると知り、のちに蒲生を名乗ります。蒲生君平は、当時荒廃していた足利学校の復興にも尽力し、宇都宮藩校・修道館の設立にも加わったといいます。畿内に点在する荒廃した陵を2回にわたって現地調査し、その研究成果を取りまとめ、1808(文化5)年、『山稜志(さんりょうし)』として出版しました。「前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)」という古墳の形状に対する名称は、この『山稜志』で初めて使われました

『栃木のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から栃木県を分析!
栃木県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。栃木の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報満載!

Part.1 地図で読み解く栃木の大地

・雷が多い理由は地形にあり!
・奥日光は男体山がつくった?
・日本最大の渡良瀬遊水地ができた理由
・川を横切る川!? 不毛の扇状地を潤す那須疏水
・奈良の大仏に那須の金!? 栃木は地下資源の宝庫だった!
・F.L.ライトが山ごと買った大谷石の魅力
・葉脈から動物の体毛までくっきり! 古塩原湖に眠る太古の記憶
・栃木にゾウやサイがいた! 化石と野州石灰の産地・葛生

Part.2 栃木を走る充実の交通網

・県南を通る予定だった!? 東北本線の紆余曲折
・日本のマンチェスターを目指せ! 織物の街をつなぐ両毛線
・栃木随一の観光地をめぐるJR日光線と東武日光線の軌跡
・地域の産業を牽引した人車鉄道/郷愁誘う各地の廃線をたどる
・わたらせ渓谷鐵道の前身は足尾鉄道
・幾多の苦難を乗り越えた真岡線
・構想から25年を経て着工! 宇都宮~芳賀にLRTが走る
・要衝・下野国を貫く街道の変遷
・舟運で“蔵の街”となった栃木市

Part.3 栃木で動いた歴史の瞬間

・なぜ「那須」が付く市や町が多い?
・遺跡からたどる東山道と律令期の下野国
・平将門を討った豪傑・藤原秀郷とは何者か?
・足利氏には2つの流れがあった! 鎌倉幕府と下野御家人の関係
・名族宇都宮氏の栄枯盛衰
・ザビエルやフロイスも讃えた「坂東の大学」足利学校
・江戸幕府最大の聖地・日光東照宮創建
・廃藩置県、そして栃木県誕生!
・「一の宮」が2つ? 日光二荒山神社と宇都宮二荒山神社
・不毛の原野が酪農王国に! 那須野が原の大開拓

Part.4 栃木で生まれた産業や文化

・木綿、紬、絹織物、麻…栃木は織物の名産地
・益子焼が始まってまだ170年足らず? 益子が「陶器の里」になったわけ
・半世紀にわたって生産量日本一!! 栃木はなぜいちご王国になった?
・関東平野が工業誘致にぴったりだった? 宇都宮は新たなものづくり都市へ
・「それって栃木?」県名抜きで知名度の高い観光名所

『栃木のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  関東 > 栃木県 >

この記事に関連するタグ