フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 秋田県 >

象潟の九十九島形成の歴史~鳥海山の山体崩壊で生まれた!~

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年6月24日

この記事をシェアしよう!

象潟の九十九島形成の歴史~鳥海山の山体崩壊で生まれた!~

鳥海山の北麓には、田園地帯に大小の小山が点在する景勝地、九十九島をはじめ鳥海火山がもたらした貴重な自然が残っています。
その成り立ちを見てみましょう。

【象潟九十九島形成の歴史】鳥海山の山体崩壊によって誕生

秋田県南西部、にかほ市を代表する景勝地といえば、象潟(きさかた)の九十九島(くじゅうくしま)です。
水田地帯に、最大で比高50mほどの小山が100以上も点在し、地学的にも貴重な風景が広がっています。1934(昭和9)年には、国の天然記念物に指定されています。

この九十九島は、じつは象潟平野の南にそびえる鳥海山(ちょうかいさん)の大規模な山体崩壊によってできました。

つまり、水田に浮かぶ小島のように見える小山は、鳥海山が崩れて流れてきた岩塊でできているのです。このような小丘は「流れ山」と呼ばれています。

鳥海山(標高2236m)の山頂部は山形県側にありますが、北麓は秋田県側に長く裾野をひいています。約60万年前から活動を始めた活火山で、安山岩質(あんざんがんしつ)の溶岩を大量に噴出し続け、東北地方では尾瀬(おぜ)の燧ケ岳(ひうちがたけ)に次ぐ第二の高峰へと成長しました。

【象潟九十九島形成の歴史】鳥海山の山体崩壊

九十九島をつくった山体崩壊は、約2500年前(紀元前466年頃)に起こりました。

鳥海山は東鳥海と西鳥海に大別されますが、このときに崩れたのは東鳥海。崩壊前の東鳥海には、標高2400〜2500mの円錐形の成層(せいそう)火山があったと考えられています。

この火山が、山頂付近から北へと大きく崩れ、おびただしい量の岩塊や土砂が岩屑(がんせつ)なだれとなり日本海にまで流れ込みました。

現在、新山(しんざん)や七高山(しちこうさん)などの東鳥海のピークからは、このときの山体崩壊でできた「東鳥海馬蹄形カルデラ」を見ることができます。なお、山体崩壊の原因は、水蒸気爆発説や地震説などの諸説がありはっきりしていません。

【象潟九十九島形成の歴史】象潟が日本海と隔たれ潟湖になる

岩屑なだれが流入した象潟は、その後、土砂が河口付近に堆積してできた砂州(さす)によって日本海と隔てられ、東西約1㎞、南北約2㎞の浅い汽水域が広がる「潟湖(せきこ)」となりました。

その結果、溶岩の岩塊でできた流れ山が、潟湖に浮かぶ島のように点在する地形が出現したのです。やがて、流れ山は松などの木々に覆われ、松島と並び称される名勝として知られるようになります。

象潟と歌人・俳人

平安時代には僧侶で歌人の西行(さいぎょう)も訪れ、「象潟の桜は波に埋もれて 花の上漕ぐ海人(あま)の釣り船」と詠みました。

また象潟は、江戸時代、俳聖・松尾芭蕉(まつおばしょう)が訪れた最北の地としても知られます。芭蕉はこのとき、「象潟や雨に西施(せいし)がねぶの花」(象潟の雨に濡れたねむの花は、傾国の美女、西施が憂いに沈んで眠っているようだ)と詠み、雨にけぶる象潟のものさびしい美しさを表現しました。

象潟地震と現在の象潟

ところが、1804(文化元)年、マグニチュード7と推定される象潟地震が起こり、象潟は一夜にして約2m隆起。潟湖の水が流出し陸地化しました。

現在、行き交う船の姿こそありませんが、大地の営みを感じられる絶景を求め多くの人が訪れています。

にかほエリアの見どころ

にかほエリアには、このほかにも鳥海火山の恩恵といえる見どころが多いです。たとえば、象潟海岸の「唐戸石(からといし)」は、九十九島をつくった山体崩壊で流れてきた巨岩のひとつ。

また、鳥海山を水がめとする豊かな水は、湧水や滝となり流れ美しい湿原をつくり、県南西部の米どころを潤しています。

にかほエリアのジオマップ

にかほエリアのジオマップ

「唐戸石」(象潟海岸)は、九十九島をつくった山体崩壊によって流れてきた大岩。このときの岩屑なだれに埋まった「埋もれ木」(にかほ市象潟郷土資料館蔵)は、その年輪から山体崩壊の年を特定する根拠になりました。

「奈曽渓谷」では深さ300〜500mの深い谷に鳥海山の古い溶岩が露出。「三崎海岸」では約3000年前かそれ以前の溶岩でできた絶壁を見ることができます。

鳥海山を水がめとする豊かな水は、「獅子ヶ鼻湿原」や「冬師湿原」などの湿地帯を形成。「元滝伏流水」や「福田の泉」などの滝や湧水地も、鳥海山の水の恵みを感じられる見どころです。

にかほエリアのジオマップ

元滝伏流水
約10万年前に流出した鳥海山の溶岩流の末端崖から水が湧き出し、落差5m、幅30mにわたり滝となって流れ落ちています。

元滝伏流水

住所
秋田県にかほ市象潟町関
交通
JR羽越本線象潟駅からタクシーで15分
料金
情報なし

『秋田のトリセツ』好評発売中!

地形、交通、歴史、産業…あらゆる角度から秋田県を分析!

秋田県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。秋田の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。地図を片手に、思わず行って確かめてみたくなる情報を満載!

Part.1 地図で読み解く秋田の大地

・秋田県の地形総論
・火山の痕跡や地殻変動を体感!男鹿半島ぐるり1周ジオ巡り
・世界最大の二重カルデラ湖「十和田湖」はどうやって生まれた?
・地下にかつての雄物川の流路!? 秋田平野が形成の驚きのしくみ
・黒川や雄物川流域に油田続々!秋田ではどうして油が採れる!?
・ブナ林が発達し海成段丘が縁取る 起伏が激しい白神山地の形成史
・美しき田園・象潟の九十九島は鳥海山の山体崩壊でできた
・大館・鷹巣・鹿角盆地と能代平野 米代川流域に形成された地形の謎

Part.2 秋田を駆ける充実の交通網

・全国2番目のミニ新幹線、E6系「こまち」が走る秋田新幹線
・一部レール幅を変えて新幹線もいく!福島~青森を結ぶ幹線・奥羽本線
・新津~秋田を結ぶ日本海側の動脈 寝台特急「日本海」も走った羽越本線
・米代川に沿って走る本州横断線 スイッチバックも見事な花輪線
・東能代~川部を結ぶ絶景ローカル線 「リゾートしらかみ」が走る五能線
・鷹巣と角館を結ぶ旧国鉄角館線 秋田内陸縦貫鉄道は見どころ満載!
・釜石~横手~本荘を結ぶ大計画も!? 由利高原鉄道鳥海山ろく線がすごい
・小坂鉱山の鉱石輸送のため開業 旅客輸送も担った幻の小坂鉄道/昭和40年代に消えたローカル私鉄 羽後交通の雄勝線・横荘線とは?

Part.3 秋田の歴史を深読み!

・秋田の古代史総論
・大型住居跡やストーン・サークルなど秋田県の縄文遺跡がおもしろい!
・出羽柵が遷置・整備されて秋田城と呼ばれるようになった
・奥羽を支配した出羽の豪族・清原氏が後三年の役により滅亡
・秋田の中世史総論
・八郎潟東岸を拠点とする大河兼任が鎌倉幕府に対して反乱を起こす
・秋田の近世史総論
・佐竹氏の入部以降、鉱山開発が進み鉱業が秋田藩の財政を支えた
・古来より栄えていた舟運に加え街道が整備され交易が盛んに!
・近現代史総論/奥羽越列藩同盟を離脱し新政府側へ 秋田藩の戊辰戦争と戦後のゆくえ
・日本最後の空襲となった土崎空襲 どうして土崎港が狙われたのか?

Part.4 秋田で育まれた産業や文化

・全国屈指の産油量だった秋田県がシェールオイルの開発・商業生産へ
・秋田港、船川港、能代港 三つの重要港湾が海上輸送網の拠点
・国内有数の米どころ・秋田県は農業産出額の5割以上を米が占める
・かつては国内2位の広さを誇る湖!? 八郎潟の干拓と大潟村の歴史
・古来より建材や工芸品に用いられた秋田杉の活用と保存の取り組み
・日本のロケット発祥の地は秋田県の道川海岸だった!
・地熱発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入が加速
・県内各地で伝承されている民俗芸能 国指定重要無形民俗文化財は国内最多!

『秋田のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 秋田県 >

この記事に関連するタグ