フリーワード検索

トップ > カルチャー >  北海道・東北 > 宮城県 >

宮城県の古墳時代~東北最大の雷神山古墳が示す仙台・名取の有力豪族~

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2022年5月13日

この記事をシェアしよう!

宮城県の古墳時代~東北最大の雷神山古墳が示す仙台・名取の有力豪族~

弥生時代が進むと、穀倉地帯であった仙台や名取には、富を得た権力者が生まれました。
彼らは大和王権の支配下に入り、巨大古墳築造の許可を得ます。
古墳時代の始まりです。

宮城県の古墳の代表「雷神山古墳」は東北一の大きさ

3世紀末、畿内(きない)地方などでは階級化が進み、やがて、巨大な墳墓を築造する力を持った大和王権が誕生しました。力の差はあるものの、その他の地方でも豪族が生まれ、支配、被支配の関係を結ぶようになります。

宮城県内では、4世紀ごろから古墳が築かれるようになりました。県北や県南でも築造されましたが、一番古墳が多いのは名取市と仙台市です。

なかでも、4世紀に造られた名取市の雷神山古墳は全長168m、後円部径96m、高さ6mの前方後円墳で、東北一の大きさを誇ります。埋葬されたのは、仙台や名取一帯のかなり広い地域を治めていた強力な豪族であると考えられています。

宮城で2番目に大きい「遠見塚古墳」

同じ4世紀に、仙台市では遠見塚古墳が築かれました。長さ110mの前方後円墳で、県内では2番目、東北では5番目の大きさをもつ古墳です。仙台平野を治めていた豪族の墓と思われます。

雷神山古墳

住所
宮城県名取市植松山~愛島小豆島片平山
交通
JR東北本線館腰駅から徒歩15分
料金
情報なし

宮城県の古墳の大きさや種類の変遷

5世紀には仙台市や名取市のほか、県北の色麻町、県南の白石市などでも古墳が造られましたが、大きさは50~100m。6世紀になると数も少なくなり、大きさも30m以下になります。

7世紀には、前方後円墳は見られなくなり、円墳や横穴群が多くなります。7世紀初めごろに国造(くにのみやつこ)などの統治制度が整い、権力を墓の大きさで示す意義が薄れてきたのでしょう。

宮城県南部では豪族が大和王権から国造として地域の首長に任じられ、大和風の姓名を与えられました。古墳も名前も大和の支配下に入った証です。

宮城県の主な古墳の分布

宮城県の主な古墳の分布
『図説 宮城県の歴史』を元に作成

県内各地に残る古墳から、大和王権の支配が及んでいた時期と地域を推察することができます。

 

宮城県の古墳からの出土品

県内各地にある墳墓からは、東京国立博物館に収蔵された六鈴鏡(ろくれいきょう)鳥文鏡(ちょうもんきょう)などが出土しました。土師器(はじき)も多数出土していますが、畿内地方から職人を招いて作ったと思われる須恵器なども発掘されています。

宮城県の古墳と蝦夷の地

古墳は宮城県内各地に築かれていますが、当時の政権の直轄地域は仙台市あたりが北限で、そこからさらに北の地域は蝦夷(えみし)の地と呼ばれました。それらの地域の蝦夷とは、朝貢関係であったり敵対関係であったり、スポット的に友好関係はあるものの、面として支配するまでには 至っていませんでした。

宮城の北の地に住んだ蝦夷の人々とは

蝦夷とは、どんな人々であったのでしょうか、地名などからアイヌ説を唱える研究者もいますが、アイヌのみというわけではなさそうです。

蝦夷の地には、アイヌがおり、縄文時代から続く狩猟採集民がおり、畿内地方から移り住んだ人々もいたと考えられています。都の人々とは文化も言語も大きく異なる人々が、蝦夷と呼ばれ蔑まれたのでしょう。

7世紀以降、朝廷は蝦夷の地の征服を目指しますが抵抗は根強く、その勢いを削ぐことができませんでした。蝦夷を平定できたのは、坂上田村麻呂が阿弖流為(アテルイ)を破った、平安時代以降のことです。

蝦夷とアイヌとの共通点を探る

東北の北部には、アイヌ語地名が数多くあるといわれます。小さな川を意味する「ナイ」(内と表記)や、大きな川を意味する「ペッ」(別・辺・部と表記)、ある・いるなどの意味の「オマ」(前・舞と表記)、群在するなどの意味をもつ「ウシ」(牛・臼・石と表記)などアイヌ語由来の言葉が語尾につき、主に地形を表す言葉として解釈できるのが、アイヌ語地名の特徴です。

蝦夷の支配地域とアイヌ語地名が重なることから、蝦夷がアイヌ語系言語を話していたとする研究者も多いです。当時の政権はアイヌ語系言語を理解できないため、夷狄、蝦夷と蔑み、差別したとも考えられます。蝦夷はアイヌ語系言語で話し、中央政権に逆らう人々の総称であったのかもしれません。

宮城県北部のアイヌ語地名は、大崎市の尿前(しとまえ)や保呂内(ほろない)、鎌内(かまない)、登米市の日根牛(ひねうし)、黄牛(きうし)、石巻市の井内など。北上川、荒雄川(江合川上流部)、迫川の流域などに多くみられるといわれます。

ちなみに、平安時代には北上川を日高見川と呼んだという記録があります。日高見とは大和言葉で、都から遠く離れた地、という意味らしいのです。ヒタカミがいつの間にか、キタカミに転じたのでしょう。

『図説 宮城県の歴史』を元に作成

北海道では、稲作や鉄器といった弥生文化が広まらず、縄文文化が引き続き発展しました。その中で生まれた後北式土器や北大式土器は、宮城でも発見されています。

『宮城のトリセツ』好評発売中!

日本の各県の地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。宮城県の知っているようで知られていない意外な素顔に迫ります。思わず地図を片手に、行って確かめてみたくなる情報を満載!

●地図で読み解く宮城の大地

・複雑な地形が美しい三陸と松島はどうやってできた?
・奈良の大仏のメッキには涌谷産の金が使われていた!
・県西部に連なる火山群と数々の温泉地の関係とは、荒れ狂う北上川が舟運路に!
・伊達政宗が始めた一大治水事業、暗渠化した四ツ谷用水をたどると見えてくる伊達政宗の町づくり
・「杜の都」の由来となった森はいったいどこにある?
・東京駅丸の内駅舎に使われた雄勝石をめぐる波乱のドラマ

などなど宮城のダイナミックな自然のポイントを解説。

●宮城に開かれた道の歴史

・東北中の人々が旅した奥州街道!その繁栄を支えた宿場の光と影
・険しい奥羽山脈を越えて宮城と山形を結んだ道の歴史
・海運時代の幕開けとともに活発化した阿武隈川の舟運とは?
・野蒜港計画とともに消えた幻の巨大運河ネットワーク構想
・東北新幹線が仙台駅前後で不自然に蛇行する理由とは?
・東京メトロより古い 日本初の地下路線があった仙石線

などなど、意外と知られていない宮城の交通トリビアを厳選してご紹介。

●宮城で動いた歴史の瞬間

・宮城の豊かさを伝える旧石器や縄文の遺跡が各地に!
・東北最大の雷神山古墳が示す仙台・名取の有力豪族
・東北支配の拠点となった陸奥国郡山官衙と多賀城
・藤原家三代秀衡が陸奥守に就任・宮城の地も藤原家の統治下に
・室町時代に権勢を誇った大崎氏・名生館の屋敷で伊達氏らが拝謁
・敵を寄せ付けぬ天然の要害 正宗の拠点・仙台城が完成
・伊達62万石を揺るがせた伊達騒動の顛末を追う
・元禄バブル崩壊で財政危機!5代吉村が改革に乗り出した
・飛行隊基地に陸軍駐屯所など軍都としても栄えた宮城県

などなど、興味深いネタに尽きない宮城の歴史。知れば知るほど宮城の歴史も面白い。

『宮城のトリセツ』を購入するならこちら

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!